続:アラフォーメンズだって、ラパスでお土産、買いたいんです

Sponsored Link

またまたお土産に手が出るアラフォー

前回のラパス滞在で、お土産自体は買ったりしていた。
まぁ、誰に配るって感じの土産物じゃなくて、ばら撒いて使える様な感じのモノを中心に。

アラフォーメンズだって、ラパスでお土産、買いたいんです | now here,no where

ラパスにはお土産物屋が集まっている通りがあるのですが、これが、もう、つい手を出したくなるぐらいにカワイイ。 サンタクルス通りとタリハ通り間のリナレス通りが、ほとんどお土産物屋街で、もう歩くと、目の毒ってなぐらいに、ボクのお財布に訴えて来ます。 アラフォーメンズが見て”カワイイ!!”と思うんだから、きっと女の子が見たら、衝動買いが止まらんのでは…と言うぐらいのシロモノ。 …

なので、基本的に何か買う必要は無かったのですが…

 

お土産物通りを歩いていたら、つい、手が出てしまうんですよね、不思議と(笑)。

 

大学生の卒業旅行ガールみたいに、“あ、カワイイ…”みたいな感じで、つい手が出てしまって、また荷物が溜まって行く…

折角、送ったのになぁ…と思わなくもないけれど、やっぱり今回はこの先、ペルーのクスコに行かないので、お土産とか現地の小物とかを買うのは、ココが最後の機会だと思うと、つい…ね。

しかも、Sagarnaga通りで、チョリータおばちゃんTシャツ、見つけてしまいました!!!!

 

何と…

チョリータが、でかでかとプリントアウトされている…

これは…

買うしかない。

 

んで、お値段を聞いて、びっくり。

 

100ボリだって。

 

100って…

ボッたくられているのかと思ったぐらい。

フツーのシャツとかなら、20ボリとか30ボリの世界。
そこで100ボリと来たモノだから、びっくりを通り越した気が。

 

でも…

もうしばらく来るコトもナイ国。
結構、行った国でシャツを買っているコトもあって、“欲しいな”と思うと、もう止められなく…

 

買っちゃいました。

 

ちょっと値下げもしてくれたし…ね。

 

まぁ、結局の所、自分には甘いんですよ、ボクは。

甘いと言うか、大甘。

でも、旅の最中ぐらい、甘くても良いよね…なんて、思ったりもする。

働いていると、自分に甘くしていると、結局、自分に跳ね返って来るし、他人にも迷惑をかけるだけだけれど。

 

って…

アラフォーメンズがこのシャツ、いつ着るんでしょうかね。

日本で着ても、誰もこの服を分かってくれなさそうだし…(いや、これは海外で買う洋服全てにおいて、そう言えるんだけれども)。

かと言って、チョリータがいるラパスで着る勇気もないんですけれど。

そして、布とかも買っちゃったので、またまた荷物ががっしりに(写真の下に敷いている布です~)。
どうにかして、バックパックの中に、仕舞い込まないとなぁ…

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。