雨と寒さのコパカバーナ

Sponsored Link

ラパスに戻って来たけれども、さて、どうしよう…

ラパスにほぼほぼ定時に到着。

 

いや~…

良く寝た。

 

さて、この先、どうしようかなぁ…と言うのが、正直な所。

ラパスに滞在するか、先にこのままコパカバーナに向かおうか、まだ迷ってました。

 

コパカバーナに向かうと、またラパスに戻ると言う、超面倒なルートになるのですが、コパカバーナからペルーのアレキパに行こうとした時、直行があるかどうかが分からなくて…あるんだったら、ラパスに滞在した後に、コパカバーナなんですけれど。

 

んで、バスターミナルをチラ見したら、コパカバーナ行きのバスがあと30分ぐらいで出るとのコト。

 

あら。

行くしかないね、コレは。

 

と言うコトで、再度、バス車内の人に。

ビジャソン→ラパス→コパカバーナと、自分にとってはかなりのハイペースで移動に。
まぁ、どうせ寝ていただけなんですけれどもね。

でも、Googleさん的に1,000kmを越えている距離。
何か、ボリビアの南から北まで一気に移動って感じです。

ってか、コパカバーナ行きのバス、ほぼほぼ観光客と言う感じ。

まぁ、地元の人はセメンタリオから出ているコレクティーボを使う人の方が多いんだろう(そっちの方が安いし)。

世界最高所(らしい)の、湖を行き交う船

んで、やっぱり寝てしまって、気が付けば、水道の所に。

恐らくなんだけれども、船が常時、行き来している湖としては、世界で最高所にあるらしい。

アタカマ~フフイに掛けて、ちょっと標高下がっていたけれども、この1ヶ月半ぐらい、ずっと高地にいるから、そんなコト、すっかり忘れている自分がいたりするけれども。

まぁ、世界最高所じゃなくても、それに準じる場所にいるコトは確かであって、もうこの際、最高か最高じゃないかなんて、ちょっとどうでも良かったりする。

ココで1回、バスを降りて、船で対岸へと渡ります(別途2ボリ)。

船は…と言うと、船も別途、ボートに乗って運ばれます。

日本人的には、サッサと橋を掛けて欲しいと言いたくなる感じもありますが、雇用の側面もあるし、最早、そう簡単にもいかないのかもなぁ…と。

物流とかは、ボリビアとペルーのもう1つのメイン国境である、デザグアデーロの国境を使うんだろうし、橋を架けた所で、恩恵を受けるのは、旅行者がメインになる訳だし。

以前の旅で、ビザランを繰り返していたので(ラパス→コパカバーナ→カサニ(国境でペルーin)→デザグアデーロ(国境でボリビアin)→ラパスを1日で行って、Visaを延長していた)、もう何度となく見たコトのある風景ではあるのですが、個人的に思うのは“風情がある”とかよりも、“待ち時間でタバコが吸える”だったりします(笑)。

んで、ようやくコパカバーナ到着。

ってか、到着と同時に雨。
しかも、日本人が良く泊まっている宿が満室で入れず、他の宿を探す羽目に。

身体がフフイとかアタカマに慣れてしまっていたのか、雨が降っていると言うコトを除いても寒い感じがするし、何だかなぁ…と言う感じでの到着になってしまいました。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。