みんな大好き、ウユニ塩湖 #2.【Day andサンセットツアー】

Sponsored Link

星空andサンライズツアーから帰って来たのが、朝8時ぐらい。
そのまま10時半スタートのデイandサンセットツアーに申し込んでしまいました。

ってか、朝2時半起床だったのに、何処からこんな元気が、このおじさんに出て来るのやら。

いや、それはウユニが放つ自然の風景に魅せられたら、元気も出て来るってモノで。

デイandサンセットツアー、まずはSLの墓場へ

定刻通りの出発で、まずはSLの墓場へ。

到着してみると、めっちゃくちゃ人・人・人。
他の人を入れずに写真を撮るのが難しいぐらいの状態。

でも、空の色も良くて、廃墟と化したSL達が映えるから、ついつい写真、撮っちゃうし、登ったりして遊んじゃいますけれど。

ん?

いいおっさんが何を!?

と言う突っ込みは、スルーします。

ってか、やっぱりSLってカッコいいね。
廃墟なんだけれども、それでもイイ味が出るから、不思議なんだけれど、あと10年もしたら、もう登れないぐらいに朽ち果てるんじゃないか…なんて、つい思ったりも。

再度、ウユニ塩湖へ、突入!!

そして、再度、湖へ。

自分のコトを差し置いて書きますが…

人、多っ!!(笑)。

もう湖に点々と車の影が至る所で見える。

国旗がある所で、ランチ。

ってか、12年前に来た時は、日本の国旗は手書きだったけれど、立派になってた…(白い布に、赤いマジックで丸が塗られていただけだったんだけれど、それでも日本の国旗があるコトが嬉しかったな)。

でも、ボリビア国旗でパシャリ。

水がちょっと少なかったので、みんなでトリック写真を撮ったりなんかしてましたが、それでも絵になるのがウユニ。

 

やっぱり凄い場所です。

ってか、トリック写真用の小道具とか、どのチームも持参して来ているコトに、びっくりしてしまいますが、やっぱりこう言うのは、楽しまないと“損”だからね。

やっているのを見ると、ついやりたくなります。

“みんな大好き、ウユニ塩湖”。

でも好きになるのも分かる。

全面、紅色に染まるウユニ塩湖

夕暮れ時に、また違うポイントへと移動。

そこからの夕焼けが、また格別なモノだった。

 

少しずつ、空が紅く染まって行って…

サングラス越しですら、ちゃんと赤色に染まっている塩湖が分かるぐらいに、一面が真っ赤。

最後はホントに真っ赤な夕焼けが広がって行く。

あぁ、やっぱり来て良かったな…と、ココロの底から思う。

こんな夕焼けが見れるから、旅が続けられるし、また旅に出たいと思う様になるんだよね、きっと。

勿論、ウユニ塩湖に来たからと言って、スグにこんな景色が見れる訳じゃない。
天気や雲の形・量、風…
自然相手の場所だから、全ての自然の要素に影響される訳だけれども、スグにこんな景色に当たったのは、ホントにツイているとしか言いようがナイ。

逆に、全然、良い天気に会えなくて25泊以上した人もいたしね(笑)。
なので、逆にウユニ塩湖の雨季を見たい人は、時間に余裕を持って来た方が良いとは思う。

そもそも日本から遠く離れた“南米”と言うコトで、時間がナイ人も多くいるけれど。

ってか、もう考えるの、面倒。
とりあえず、飛んどけっ!!

【今日の気分】

■■■小柳ゆき “愛情”

もっと長い期間、最前線で歌を歌えるだけの歌唱力がある人だと思うんだけれども、何故か、一気にメディアへの露出が減った人だったりしますが、やっぱり雄大な景色に、この人の芯の強い声がしっくり来る感じが。

伸びのある声。
テンポの良い曲調。

歌詞は全然、この景色には関係がナイのですが、何だかその全てがウユニの昼の風景にしっくり来た。

最近の彼女の曲とかは、知らないんだけれども、色々な引き出しを持っていそうな人ではあるので、ちょっと新しめの曲も聴きたくなったりも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。