ダイナミックなサハラの世界

Sponsored Link

現在地:日本
何故か出張に来ています。
そして、今の出張が終わった翌日からも出張。
旅から帰って来たばかりなのに、まだ旅気分(笑)。


高すぎでしょ、メルズーガーの砂山

“ひょえ~っ!!!!”

思わず声を出してしまったけれども、それ程に高さのある砂の山。

これだけの高さになるのに、一体、どれだけの歳月が掛かるのだろう。
ってか、“標高、どれだけよ…”とつぶやきたくなる高さ。

IMGP5567

でも、これを登らないと、日没が見えない。
どうしてテントの宿営地を山の東側に作ってしまったのだろう。せめて西側に作ってくれれば、別に頂上まで行かなくても夕暮れが見えるのに…

ココを宿営場所に決めた人を、つい恨みたくもなる。

でも、そうは言ってもこの砂山に登らないと夕暮れは見れないのだから、早速、1歩1歩登ってみる。

1歩踏み出す毎に、柔らかな砂の山に足がめり込んでいく。

それでも最初はまだ良かった。
元気もあったし、勢いもあった。

が…

徐々に吐く息が荒くなる。

日頃の運動不足が、ここに来て一気に噴き出る。

いや、単に加齢か?

まだまだ若いけんちゃんは、いとも簡単に追い抜いて、山を登って行く。

IMGP5570

途中でもう、頂上まで行けなくてもいいや。

途中からでも案外高さあるし…なんて思ってしまう自分がいますが、それでも若いけんちゃんが登っていくのを見ると、“まだまだ若い人には負けてられない”と言う気持ちが沸々と。

もうこの考えがおっさんだってーのに。
こんな所で、負けん気出さんでもえーのに…

頂上からのダイナミックな眺め

それでも自分のペースで何とか頂上に倒れこむ様に登り切る。
最後の尾根伝いが、やたらと砂が柔らかくて、きつかったけれど、それでも何とか日没までに間に合った。

メルズーガーの町が太陽の方に見え、その逆にはアルジェリアとの国境が見える。

IMGP5573

眼下に我々が本来乗っているであろうキャメル一行が見える。

本来ならば、あの一行の中に自分たちがいた筈。
ってか、それならば全然、日没に間に合わない。
宿泊地であるテントにすら、日没までには間に合わない。

それでいいのか?とすら思ってしまうけれど。

ってか、フツー、この砂の山の上でサンセットが見れる様にツアーの工程を組むべきなんじゃない?と。

たまたまラクダの数が足りなくて、四駆に乗ったから間に合ったけれど。

IMGP5576

それにしても、ダイナミック。

サハラ砂漠は別に初めてじゃない。
ってか、つい10日くらい前にも、モーリタニアで見ていた。

でも、こんなダイナミックさは初めてだと思う。

シンゲッティもそれよりも昔に訪れたサハラも、ダイナミックと言うよりもパノラマの世界だったように思える。砂漠の持つ広大さと言う感じで。

でも、メルズーガーの砂漠は、パノラマと言うよりも、高さで魅了してくれる。

それが今、太陽の沈み込みと共に、眼下に広がる。

コトバに出来ない自然のチカラがココにある。
コトバにするのがバカらしい。

IMGP5608

自分がただ無になる感じ。

ただ無になって、ただ日が沈み切るのを待つ。

その時間は、まるで時間の流れが止まったか様にスローモーションに感じられる。

でも着実に少しずつ、少しずつ太陽は地平線に向かっていく…

ただそれだけ。

でも、ココに来れて、良かった。

 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください