ドバイモールで欲しいモノ

Sponsored Link

何とかドバイモールに到着!

何とかドバイモールに辿り着いた。

ガイドブックがなくても、今、自分がいる場所が分からなくても、地図すら持っていなくても、世の中、どうにかなるモノである。

まぁ、やっぱりバスだけの街じゃなくて、メトロとか鉄道がある街は、当たり前だけれども、駅があって、そこを基点に動けるので、旅人には優しいなぁ…と、つい思ってしまいます。

メトロがなかったら、きっとたどり着いていなかった様な気がするし。

とりあえず歩いてみて、迷ったら、駅に戻って歩き直せばいいだけの話と思えるのも助かるし、分からない時は駅員さんに聞けるし。

何でもあるドバイモール

さて、ドバイモール。
何でもある。
ココには、何でもある。

ダイソーに無印良品に紀伊国屋書店まである。

こんな所にまで、日本企業が…なんて思ってしまうけれども、その代わり、日本製の電化製品がほとんどなくなっていて、代わりに韓国製の電化製品が幅を利かせていた。いつの間に、日本製の電化製品は、絶滅危惧種になったんだろう。

これも時代の流れ…なのかなぁと思う訳ですが。

無印、好きですよ。
寧ろ、大好きな部類。

ダイソーも、好きです。
やっぱり安いですからね。

日本語の本だって、大好きです。
しかも、紙媒体の方が好きです。

でも、こちらは日本から来たばかり。
もちろん、欲しいモノなんて、そこにはありません。
でも、何故か、お店の中に入っちゃうんですよね、不思議なコトに。
んで、物色しちゃうんですよね、不思議なコトに。

無印で、黒麺棒探したけれど、売切れてました。
だけれど、黒麺棒が、通じたコトに驚きましたけれど。

海外に住んでいる人に、黒麺棒がどれだけ売れるんだろう…なんて、つい思ってしまいますけれどもね。ま、売切れってコトは、売っていたのだろうし、売っていたと言うコトは、需要があると踏んだと言うコトなのだとは思いますが。

IMG_1323

ドバイモール。

ここには、水族館もある。
お魚が、涼しそうに泳いでいて、つい羨ましく思えてしまいました。
デカい水槽が、外からも見えました。

スケートリンクもある。
思ったよりも、現地の人が、上手に滑っていて、へっぴり腰の人がほとんどいなくてびっくり。

もちろん、カフェから旅行用品まで、手に入る。

勢いのある国と言うのは、こう言うモノなのだろうか。
とにかく広いモールには、何でも手に入る。
広すぎて、今、自分がモールの中のどの辺りにいるのかすら分からなくなるし、そもそも出口が分からなくなる…

案内表示を少なくして、出来るだけ、館内に人を留めようとしているのか、それとも歩き倒して疲れさせて、飲食店の販売をアップさせようとしているのか…とすら思えてしまう。

IMG_1325

そして…
やっぱり、日本を出て来たばかり。

買いたいモノは何もなかった。

ってか、それが分かっているのに、ここに来たのは、あまりにもドバイの知識がなかったから。
他に、知っているモノが無くて、行き場所がなかったから。
単にそれだけだったりします。

買いたいモノは、ない。
それでも一通り、歩いてみよう…と思ってしまうのは、貧乏性なのかな。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。