三度目のラパス入りは、“ただいま”

Sponsored Link

あら、バスターミナルに、このバス、行かない!?

雲行きがどんよりなコパカバーナは1泊で後にして、再度、ラパスへ。

ってか、何の為に、コパカバーナに来たんだろう…と、自分でもちょっと思ってしまったりしますが、まぁ、“旅なんてそんなモノ”と、自分で自分に言い聞かせてみながら、バスに乗り込んでみた。

コパカバーナの町を出て、再度、船で湖を渡り…

 

そして、爆睡。

気が付いたら、ラパス郊外のエルアルトにバスが入ってました。

 

そこで気が付いたコト。
このバス、バスターミナルには行かなそうと言うコト。

 

コパカバーナからラパスは、基本的にバスとコレクティーボが走っているのですが、ラパスのバスターミナルに入るバスと言うのは、少ない感じで、過半数のバスとコレクティーボは、セメンタリオに向かいますが、今回、それをチェックし忘れていて、てっきりバスターミナルに到着するモンだと思ってた(笑)。

どうりで途中から脇道に逸れて、Cejaに向かわない訳だ…と納得。

でも、行かないと分かると、エルアルト~バスターミナルから見れるラパスの市街地のパノラマが見たかったなぁ…と、余計に思ってしまったり。

すり鉢状のラパスが一番よく見えるのは、このバスの中からなんだよなぁ…と。
それが見たくて、バスも右の窓側を取ったのに。

さて、そうは言っても、バスターミナルには行かない訳だからどうしようもない。

バスがセメンタリオに到着して、ひとまず宿に向かうコレクティーボを拾って宿へ。

さすがにこの旅でも3度目。
行先が分りにくいコレクティーボを使えると言うのが、3度目の成果だろうか。

ただいま、ラパス

Miltonに到着した瞬間、

“Kazu~!!!!!!!!!!!!!!”

となる訳ではなくて、

“お帰り~”

だった。

 

“お帰り”って、また。

 

家じゃないんだから。

 

でも、そんな気持ちだった。

 

“ただいま”って。

 

実は、同じ様に思う場所は、世界にもう1ヶ所ある。

タイのバンコク。

初めての海外旅行も、1人旅も、唯一の海外2人旅も、大学生活最後の旅も、フリーター生活初めての旅も、全部、ココが絡んでいる訳で、どうしても、“戻って来たなぁ”と言う気持ちになるんだけれども、そんな特別な理由が無くても、ココ、ラパスもそう思える場所。

そして、そう思える町が、この広い世界の中にあると言うコトが、幸せに思えたりもする。

ただいま、ラパス。

ま、今回の出戻りは、短期間だけれどもね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。