【ダナキル砂漠4日目】ダロール火山

Sponsored Link

このツアーも3泊目。全て野宿同然だし、この場所での野宿も2回目なので、全員慣れたモノ。
全員がちゃんと車の陰に陣取って、風を避けていました(笑)。

最終日になる4日目。

朝食を食べて、早速、最後のメインになるダロール火山へ。

1時間弱で到着したけれども、この辺りはエリトリアとのボーダーに近く、数年前には欧米人観光客が武装集団に襲われたエリア。元々、ソルジャーがカラシニコフを持って、ツアーの警護に当たってくれていたけれども、この日は特に念入りな感じ。

ダロール山。

“山”と言っても、そんなに高い山ではなく、20~30分もあれば登れてしまう高さの山。

IMG_2003

そして、“山”と言っても、別に緑がある山ではなく、ホントに岩場の山。
岩場と言っても、途中から岩の形が変わって行く。

岩が割れて行って、机になった様な岩もあったり。

IMG_2016

さらに登って行くと、そこには見たコトもない様な彩りの世界が待っていた。

黄色?

茶色?

緑?

そもそも地球?

まさにそんな世界。

IMG_2032 IMG_2070

硫黄の匂いが広がる中に、見たコトのない様な色の世界。

グッと大地に寄ってみる。

IMG_2047

グツグツと音立てている。
所々で、空気を吐き出している。
そこに何処から湧き出たか分からない水が混じり込む。

IMG_2050

さらにグッと寄ってみたら、何だか卵みたい。
卵の白身みたいな、そんな感じ。

IMG_2103

と思ったら、白身だけじゃなくて、黄身もあるね。
ちょっと固めだけれど。

IMG_2041

火星だとか表現する人もいる。
確かに分かる。

火星に行ったコトはないけれど。

ドラゴンボールのナメック星と表現する人もいる。
分かる、分かる。

当たり前だけれど、ナメック星に行ったコトはないけれども。

何なんだろう、この色合い。
何なんだろう、この光景。

硫黄。
カリウム。

色々なモノが混ざった結果の光景。
この場所にしかナイ光景だし、この瞬間にしか見れない光景。
また明日、ここに来たら、全然、違う光景になると言うのも、分からなくもない。

コトバに出来ない光景。

コトバに出来ないから、ブログも写真多くなってしまう、そんな程。

でも、このツアー、その連発。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。