山万ユーカリが丘線、顔認証システムによる乗車を導入!

PASMOもSuicaも未導入だけれど…

千葉県佐倉市を走る新交通システムの「山万」のユーカリが丘線。
首都圏を走る路線ですが、今までSuicaもPASMOも使えず、現金のみの対応でしたが、新たに2024年6月15日から、顔認証システムによる乗車が実用化されました。

利用するにあたっては、

  1. 事前に専用サイトから顔写真データ・クレジットカード情報などを登録
  2. 駅の改札に設置されたカメラに顔を認識
  3. 乗車

これだけ。
定期券の利用者も顔認証による乗車が可能。

ただこれまで通り、現金での乗車の場合は、QR乗車券を利用するコトも可能。

これまで顔認証による乗車システムが一部で導入されたコトはありますが、公共交通機関で一般客向けに広く実用化されたのは、今回の「山万」が初のケースと言えそう。

 

切符を買わなくて済む時代に!

切符を買わずに乗車。

いよいよそういう時代になってきたのか?と言いたくもなりますが、そもそも「山万」だからできた話。

路線も長くはなく、新交通システムで相互乗り入れもなく、自社内でシステムが完結する路線なので、導入がしやすいと言う点があったのは、間違いなさそう。

さらに「山万」自体、交通事業者と言うよりも不動産会社。
今回の顔認証による乗車システムも、沿線を走るバス路線にも実装したほか、今後は街中の商業施設などへの実装も目指していく形なので、鉄道と言うよりも1つの街全体で実用化していこうと言う感じなのだと。

さすがにまだ混雑が激しい路線への実用化は、なかなかハードルが高いのかも知れませんが、どこまでこうした動きがこれから広がるのかなぁ…とも。

沿線在住者としては、便利になるよなぁ…と。
ただ逆に言えば、沿線在住者向けの顔認証システムと、沿線に在住していない人向けの乗車システムの2つを併用させなければならないのは、事業者側からすれば、二重投資になりますよね。

「山万」の場合、沿線外住民の利用が少ないのと、SuicaやPASMOと言ったICカードによる乗車システムが整備されていなかったから、二重投資にならずに済み、今回の顔認証導入が決断できたのでしょうが。

冷房化はあるのか?

これから顔認証システムがどんどん広がるかどうか。

どうなんだろう…

微妙に導入しやすい路線が多くはなさそうな気もするけれど。

そもそも交通系ICカードを導入している事業者であれば、それを廃止してまで導入するメリットがなければなりません。

もちろん、更新費用などを考えると、アリなんだろうけれど、決断できる事業者は、そこまでナイのかなぁ…とも。

まぁ、この先の展開が楽しみではありますけれどね。

ってか、顔認証もそうだけれど、そろそろ車両更新による冷房化も…と言う気はしますね。
いくら短距離路線でも、昨今の夏の暑さは半端じゃないですし。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください