ユナイテッド航空、特典航空券に必要マイル数増加へ!

Miles・Point
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

特典航空券必要マイル数増加へ!

アメリカ大手航空会社のユナイテッド航空が、マイレージプログラムの「マイレージプラス」で、特典航空券に交換する際に必要なマイル数を変更しました。

既にユナイテッド航空は、自社運航便の特典航空券については、2019年11月15日に必要マイル数チャートを廃止して、需要状況によって必要マイル数が決定する「ダイナミック・プライシング」制度(いわゆる変動制)に移行していました。

ユナイテッド航空、特典航空券に必要なマイル数は変動制に!これでオワコン化か?

ボクが貯めているマイレージプログラムは、 ・JALマイレージバンク ・ユナイテッド航空 マイレージプラス ・デルタ航空 スカイマイル ・ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブクラブ ・キャセイパシフィック航空 アジアマイル この5つのプログラム。 …

 

が、あくまでも変更になったのは、ユナイテッド航空の自社運航便であって、スターアライアンス加盟航空会社を含め、提携航空会社については、必要マイル数があらかじめ表示される仕組みで運用されていました。

なので、日本国内線はANA利用で片道5,000マイルから交換が出来(東京からだと那覇や石垣以外)、ANAで特典航空券に交換するよりもお得に交換が可能でした。

が、ついに変更です。

とは言っても、ユナイテッド航空から正式なアナウンスの類は、現時点で出されていない状態で、いきなり変わった形(と思われる)。

海外の航空会社のマイレージは、変更が付きモノですが、ユナイテッド航空は、比較的、周知期間があるパターンが多いので、ちょっと意外です。

国内線は+500マイルの増加!

さて具体的に、どう変わったのか。

まず国内線を見てみます。

仮に羽田~大阪で調べてみると、2つのマイル数がヒットしました。

United Airlines HPより

5,000マイルと5,500マイル。

どうも基本的には、5,500マイルみたいです。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”tabikazu01-i.jpg” name=”たびかず”]ただ5,000マイルもヒットします![/speech_bubble]

よく見てみると、5,000マイルでヒットするのは、ANA以外の運航便の場合。

つまりは、スターフライヤー・ソラシドエア・エア ドゥと言った会社の運航便が入って来ると、5,000マイルのまま。

ただこれがシステム的な変更が間に合わなかったかどうかは、正式なアナウンスがないので、不明です。

今までが5,000マイルだったので、5,500マイルになると、10%アップ。
ANAだと6,000マイル(閑散期)で飛べるので、それでもまだ優位に立っていますが、往復でも1,000マイルの差と言うところまで差が縮まりますね。

国際線も約10%アップ!

次に国際線を見てみます。

ひとまず、羽田~バンコクで見てみると、最安なのは、片道20,000マイルですが、基本的には22,000マイルになっています。

これまでは片道20,000マイルであったコトを考えると、こちらも10%アップと言う感じですね。

Unieted Airlines HPより

ただ20,000マイルで飛べる旅程を見てみると、ヒットしたのは、結局、下の1つの旅程だけでした。

羽田 09:10→広州 13:05(エアージャパン運航)
広州 15:45→バンコク 17:45(タイ国際航空運航)

ANA以外のエアージャパン運航ですが、これは恐らくシステム的な変更などの問題でもないでしょう。

エアージャパン自体、スタアラ加盟している訳ですからね。

さて、大体10%増しと言うのは、何となく理解出来るのですが、やっぱり必要マイル数のチャートがないのは、不便だなぁ…なんて、思ったりするのは、“行きたい場所がある”ではなくて、“とりあえず必要マイル数で飛べる場所まで飛ぶ”と言う旅のスタイルの問題なのでしょうかね。

そして、これはホントに変動制に移行したと言うコトなのだろうか…
現時点でアナウンスがないのと、とりあえず、現状、予約が簡単に入れられる状態(つまり空席だらけ)なので、日によっての変動がなさ過ぎて、詳細が分からなすぎるなぁ…

有効期限も撤廃になっているし、貯めやすいと言う利点は、まだまだ残るプログラムなだけに、公式なアナウンスぐらい、出せばいいのに…

コメント