オマーン・マスカット国際空港~市内アクセス情報

Sponsored Link

マスカットの空港には路線バスが入っている!

さて新しいターミナルになったオマーンのマスカット国際空港。

市内へのアクセスは…と言うと、かつては路線バスがなかったみたいなのですが、今は市内中心部のルイ・バスターミナル(Ruwi)まで路線バスが走っています。

乗り場は、到着フロアの下の階。

一応、バスの発着案内の表示もあったので、そこまで分かりにくくはないかと思います(そもそもそこまで空港自体も大きくはないですし)。

下の階に降りて、ターミナルビルの外に出ると、もう目の前がバス乗り場があるロータリーになっていました。

A2乗り場から、1Bのバス。

真っ赤なバスなので、非常によく目立つかと思いますし、そもそも他のバスがそこまで来る訳じゃなさそうなので、迷うコトはナイ様にも思います。

上の写真だと、ちょうど行先の表示形式がアラビア語になっていますが、英語と交互に表示されるので、旅行者でも分かりやすいかと。

運賃は終点まで乗って、1オマーン・リヤル(約280円)。

路線バスとしては、ちょっと割高かな…と思える値段ですね。

ただここで問題になるのは、ATMで両替をすると、1オマーン・リヤルが出てこないと言う所で、バスの運転手が空港は始発と言うコトもあって、嫌がります。

嫌がると言うか、“お釣りがないから、乗車拒否”って言うパターンです。

あるある、です。

オマーンは、特に1オマーン・リヤルでも3ドル近い金額になるので、少額を常に持っておく方がベターでしたが、バスもその例に漏れず。

ボクの場合、最初のバスは、完全に乗車拒否されてしまいました。

大体、30分に1本、走っているみたいな1B系統ですが、次のバスもかなり嫌がられました。

まだ午前中だったコトもあって、車通りのある大通りまで歩いて出て、ヒッチハイクでもしようかと思ったレベル。

が、終点でお釣りをくれれば問題はないとゴネたら、乗れました。

料金を支払うと、一応、チケットをくれました。

ぶっちゃけ、チケットを貰うまで、“1オマーン・リヤル”と言う運賃が、高いな…と思って、ボラれている?と半信半疑だったりしたのですが、どうもボラれていないみたいです。

まぁ、確かにルイのバスターミナルまでは、そこそこの距離はありますし、そもそも空港へのバスって、割高運賃になるコトが多々ありますしね。

起点のルイにはバスが集まる

ルイのバスターミナルは、空港へのバス以外にも、他の系統の路線バスも集合する様な場所になっていました。

 

マトラ方面に宿を取っている人も、ルイのバスターミナルまで出て、市内バスを乗り換えると言うコトが可能になっています。

ルイからマトラへは2番系統のバスで行けます。

ルイのバスターミナルから乗って、左側に海岸線が見えてきたら、ほぼマトラだと思ってOKかと思います。

幾つかの路線バス系統がありますが、空港までの1番系統と、マトラに向かう2番系統。

観光客の利用頻度が高いのは、この2路線でしょうかね。

どのバスも赤いバスで、行き先表示も、英語とアラビア語が交互に出てくるタイプなので、利用しやすいかとは思います。

因みに、一応、時刻表なるモノがバス停によっては掲載されていましたが、個人的に、“全然、アテにならないな、コレ”と言うレベルだった様に思えます。

それよりも路線図が欲しい…とすら。

ま、参考程度に思っていればイイかと。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。