台北の空港でSIMカードを買ってみた

Sponsored Link

台北桃園空港でSIMカード・ゲット!

ひとまず台北国際空港(桃園)に到着して、とりあえず最初にしたコトは、喫煙ですが、それは置いておいて、スグに空港のカウンターでSIMカードを空港で購入しました。

因みに、以下の話は全て第1ターミナルの話になります(第2ターミナルでも通信会社や費用は基本的には同じだと思いますが)。

お店は到着フロアに出て、中央部分に「電信服務(Telecommunication service)」と言うコーナーが出来ていて、3社ばかりのお店がありました(出て右側にもブースはありましたが)。

・Taiwan Mobile
・Far Eastone
・中華電信

Far Eastoneと中華電信に「No.1」と言う表記がありました。

これは、プリペイドSIMと通常のSIMの差なのでしょうかね。
でも、そこまで大差はないのかなぁ…と言うのが、正直な感じです。

まぁ、値段的に…と言う部分ではの話で、実際の繋がり具合としては、どうなんだろう…と言うのは、ありますけれども。

ただ繋がり具合と言うのは、口コミ以外には分からない部分があるので、ひとまず、ブースがたまたま空いていた「中華電信」で契約しました。

心配な方は「中華電信」のSIMならば日本でも手に入れるコトが可能です。

もしくは台湾に強い「KKday」ならば台北の空港で受け取り出来るサービスも展開していたりしますので、台北の空港が混みあうシーズンでの利用であったり、あくまでも時間があまりナイと言う人は、そちらを利用するのも悪くはないかと思います。

値段は安く、短期間向けからプランがある

さて、気になるのは、まずは値段です。
「中華電信」の場合の値段は以下の通り。

日数 価格 データ量 無料通話
3日型 300NT$ 無制限 100NT$分
5日型 300NT$ 無制限 50NT$
500NT$ 無制限 300NT$
7日型 500NT$ 無制限 150NT$
10日型 500NT$ 無制限 100NT$
15日型 700NT$ 無制限 100NT$

1NT$(台湾元)=約3.66円

こんな感じでした。

15日間使ったとしても、700台湾元。

安っ!

5日と15日型だけが無料通話分によって2タイプ、用意されている感じですが、旅行者的には、通話はそこまで必要じゃないと言う方も多いのかな…と言う気はしますけれどもね。

特に台湾の場合、予約などもLINEで出来ちゃうお店が多いですから。

なので、もうフツーに滞在日数分のSIMを買えば良いかと(5日分のみ、無料通話の少ない方で)。

 

電波的にも問題なし!

さて、「中華電信」。

台北市内(しかもごく一部のエリア)にしか行っていないので、広いエリアで使った訳ではないのですが、電波はかなり良好でした。

地下街に入っても、路地裏に入っても、建物の中に入っても、基本的には4Gが使えると言う感じで、スイスイ繋がりました。

恐らく、台北市内であったり、観光客が行く様な場所ならば、問題ないのでは…と言う気がします。

SIMフリーのスマホを持っている場合は、もうSIMカードを買うだけ。

あとは全てお店の方に任せればOKと簡単ですし、そもそもあるとないのとでは便利さがまったく違いますし、そもそも台湾のSIMカード購入は、かなり安いので、ぜひ~!と言う感じです

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください