「リゾバ」に向かない人は、こんな人?

Sponsored Link

問題があるのは、3つのパターン

人間生活でお金が掛かる「衣・食・住」。

この中で、「リゾバ(リゾートバイト)」に行けば“食”は安価で提供もしくは無料(仕事の案件によって異なりますが)。

“住”は、基本的に無料(もしくは若干の寮費)。

かなりお金を使わずに生活が出来るのが、「リゾバ」。

しかも赴任先はリゾート地であったり、観光地になるコトが多く、休みの日は、遊び放題。

赴任先までの交通費も補助or全額支給だったりする訳で、何気にパラダイスの様にも思える。

だけれども、明らかに向かない・問題があると言うケースもあります。
具体的に、分けて考えてみると、こんな感じかと。

それは派遣先に問題があるケース。
派遣元に問題があるケース。
そして本人に問題があるケースがある。

何となくこの3つに分類出来るかなぁ…と。

ちょっとだけそれらを見てみるコトにします。

派遣先は、完全に「村社会」!

まず派遣先に問題があるケースで言えば、基本的に派遣先は地方であるコトが多い訳ですが、何と言っても“村社会”なんです。

新しいやり方を導入しようとするコトもなければ、今までのやり方をそのまま引き継いで行くと言う仕事ぶり。

効率とか改善と言う概念がないのだろうか…とすら思えるぐらいに、非効率なやり方をそのまま行っていると言うケースだってある訳です。

そう言った所に住み込みで入り込む訳ですが、そんな村社会だと、どんな人がトップにいるのかによって雰囲気も大きく変わる感じがあるので、こればかりはイチかバチかで、幾ら派遣元に聞いても分からないですし、行ってみないと…と言う感じでしょうか(ただ延長率が高い場所だと、基本的にそんな雰囲気にはないかと)。

ボクが行った場所は外国人が多く、その中でもボクの部署は日本人が少数と言うレベル。

なので比較的、臨機応変でしたし、やりたいように任せて貰えて、寧ろ、短期間のリゾバなのに、色々なセクションもやらせて貰えましたし、楽しかったですけれどね。

この“村社会”に対応出来ない人は、とにかく「リゾバ」には向かない感じになります。

逆に、そうした村社会に、そもそも気が付かないぐらいに鈍感な人(もしくは世間知らずの人)だったり、それをスルー出来る様な人は、ココはクリア出来るかと。

 

一番避けたい、情報伝達不足

派遣元に問題があるケースは、もう“情報伝達不足”。

ほとんどこれに尽きる様に思います。

情報が事前に伝わっていれば、クレームにもならないだろうに…と言う感じ。

特に初めての「リゾバ」の場合、何から聞けばいいのか分からないと言うコトが多々あるかとは思いますが、ぶっちゃけて言えば、もう何でも聞けばいいんです…と言う感じがします。

“知らなかった”と言うコトは、イライラに繋がりますが、赴任前から分かっていれば、そのイライラは解消出来ますからね。

特に「リゾバ」は、要するに住み込み生活です。

行ってしまえば、なかなか後戻りはしにくい訳で、行く前にどれだけ情報を引き出して、心構えが出来るか…と言う感じがしなくもないデス。

田舎に働きに来ていると言う自覚がナイ人も厳しい?

そして、本人に問題があるケース。

これは幾つかのパターンに分けられる様な気がします。

・給料を貰っていると言う概念が低い人
・旅行の延長線上で来ている人
・集団生活に向いていない人
・田舎の社会に向いていない人

こんな感じかな…と。

観光地にいて、毎日が合宿の様な状態と言えども、あくまでも“仕事”をしに来ている訳で、まずは“仕事が第一”な訳です。

仕事80%・遊び20%ぐらいの感覚じゃないと(え?仕事100%じゃないの?と言う突込みが入りそうですが…)。

前日の夜遅くまで起きていて、翌朝の現場に寝坊するとか、やっぱりナシだろ…と思うし(1度ぐらいの寝坊ならば、まだ笑って済ませられるとは思いますけれどもね)。

あくまでも仕事をしに来ている。
その前提で、泊まっている。

それをちゃんと踏まえてくれないと…と言う感じはしました。

そう言う意味では、旅人が一番、切り替えが出来ないのかも知れませんけれどね(笑)。
どうしても旅行の延長線上になる人も多いでしょうから。

また寮には年齢も多様な人が集まりますから、やっぱりそれなりの配慮が出来ない人がいると、面倒だな…と、正直思います。

毎日の話なので、やっぱり小さなコトでも積もって行くモノですからね。

でも、配慮と言う面では、旅をしていて、ゲストハウスでヨーロピアンに対して思うコトと同じ感じなんですよね、不思議なぐらい。

ご飯作ったら、共用の鍋とか、さっさと洗ってキッチン、他の人に譲れよ…とか、扉の開け閉めがうるさいなぁ…であったり。

いや、お前ら、ヨーロピアンかよって、突っ込んでました(笑)。

あとはやっぱり田舎に行く訳ですよ。
圧倒的に不便。
そして、圧倒的に娯楽がナイ。
あったとしても車がないと始まらない。

そんな場所に行く訳ですよ。

それを都会にいる延長線上で考えると、やっぱり長期間の滞在は厳しいかも…でしょうね。

 

やっぱりそう言う意味では、コンビニって大事だなぁ…と、改めて。

そもそもあまり日頃の生活でコンビニ行かないボクですら、そう思いましたから。

逆に、コンビニとWi-Fiがあれば、とりあえず生きていける人は、この辺りもクリアでしょうが。

リゾバの派遣先のWEBとかを見ても、パラダイスみたいなコトしか書いていませんが、やっぱりこの辺りは事前に心得ておいた方が無難なのかな…と言う気はします。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。