「リゾバ」をしてみて分かるメリット・デメリット

Sponsored Link

「リゾバ」のメリットは、お金を貯めやすい

泊まる場所が提供されて、食事も支給されたり補助が出たり格安で食べられる「リゾートバイト」。

やっぱりそのメリットは、お金が貯まりやすいと言う所。

これに尽きます。

ボクの場合、比較的短期間の2カ月間程度での就業だったので、一人暮らしの拠点をそのままにして来ましたが、それでも食事代が安くなる分、やっぱり貯まりやすかったかな…と(元々、自炊派なので、劇的に食費が安くなった訳でもないけれど)。

因みに、一人暮らしの拠点をそのままにして「リゾバ」に来ている人は、大学生以外だと、レアケースだったとは思いますが。

「リゾバ」は、居住地を離れて就業する訳で、ある意味、旅をしている様な感覚も味わえます。

休みの日などは、好きなスポットに出掛けられる訳で、まずコレは大きなメリットです。

人によっては、そこまで興味はないのかも知れませんけれどもね。

スキーが好きな人ならば、冬のスキー場リゾバ。

海が好きな人ならば、沖縄リゾバ。

色々な場所で出来ると言うのも、メリットの1つで、「リゾバ」で日本一周と言うのすら出来てしまう感じがあります。

食事つきが多いのも、嬉しい

食事が付いている場所ならば(もしくは少額有料で付けられる)、ご飯の心配をしなくて済むと言うのも有り難い所。

ボクがお世話になった場所は、専用食堂があったので、1人暮らしではほとんど食べるコトがナイ魚をいつもチョイスしていましたが、基本的には美味しかったですし、作らなくて済むと言うのは、ホントに便利なモノです。

また、たまに地元の郷土料理なんかも出して頂いていたのも、嬉しい所で、わざわざ観光地価格を支払って、近隣のレストランに行く必要もなかったと言うのも有り難い所でしたね。

やっぱり観光地って、どうしても値段が跳ね上がるのが、基本なので。

色々な人と出会えるのも、ポイント

全国津々浦々から、年齢も育ちも異なる人が集まると言うのも、「リゾバ」の特徴。

元々、ボクの赴任先は、

・若い人が多い
・外国人が多い

と言うのを聞いていたのですが、確かにそんな感じでした。

でも、普段の生活ではなかなか出会うコトがナイようなタイプの人と一緒になれると言うのは、大きなメリットの1つでしょうかね。

もちろん、気が合う人がいる半面、中には全く気が合わない人がいるでしょうが。

ポジティブに考えれば、気が合わない人への流し方を学べる可能性があるのも、地味なメリットかも知れませんけれどもね。

まぁ、逆に言えば、周りのスタッフからすれば、ボクみたいな年齢のスタッフと出会うと言うのも、なかなか多い話ではなかったハズですけれどもね(笑)。

仕事内容は、そこまで難しくなかった

仕事内容的には、そこまで求められません。

一般のバイトならば、もう少し改善を求められるかも知れませんが、「リゾバ」の場合、結局、“派遣さんね”扱いですから。

その割に時給は良い様に思います。

ただ当たり外れがあるのも確かだとは思いますし、ボクの場合、レストラン内でのポジションが、どんどん変わって行ったので、常時、何か新しいコトを覚えていると言う感じもありましたし、そんなに丁寧に教えてくれた感じはなかったので、“初めて接客業に出る”とか言う人だったら、どうなっていたんだろう…とは思いますが。

まぁ、赴任先が大きな場所だったので、常時、新しいスタッフが入って来る環境だと、先に入っている人のポジションが変わって行くと言うのは、仕方がないのかな…とは思いますが。

“泊まり込みで仕事”と思うと気が重いかも知れませんが、そもそも“そこまで求められない”と思えば、ちょっとは気が楽になるのではないでしょうかね。

あと、大きな施設で勤務する場合は、その施設内にある他の施設を無料もしくは格安で使えるケースがあると言うのも、隠れたメリットかも知れませんね。

ボクの赴任先だと、スキーのリフト券が安くなるだとか、レンタルウェアが安くなるだとか、温泉に入れるだとか、色々なアクティビティがありましたから。

逆に、これらを使い倒すと言うのも、全然、アリで、寧ろ、使わない方がもったいない気がします。

デメリットも確かに、ある

デメリットとしては、メリットの反対と言う感じです。

休みの日に自由に観光スポットに行ける半面、行動範囲や遊びに行ける場所と言うのは、限定的になると言うのは、明らかにデメリット。

特に「リゾバ」の場合、赴任先が観光地になる訳で、地方になるケースがほとんど。

なので、観光地に行きつくすと、もうするコト・行く所がなくなります。

しかも、観光地なんてシロモノは、そう何度も行く訳じゃないですし、近くに数多く点在しているかと言われると、京都ぐらいなモノですからね、数多いの。

海やスキー場ならば、飽きるコトはナイでしょうが、逆に、コンビニすらない場所も多いでしょうから(あっても遠い)、生活する上ではやっぱり不便さは否めないです。

食事についても、当たりを引けばいいですが、外れの様な賄いしか出ない場所だと、もう地獄です。

何と言っても、近くにコンビニがない場合も多いので、コンビニ飯やカップ麺に逃げられる訳でもないですから。

また恋しくなるのは、ジャンクフードと言う感じでした。

逆に、コンビニがあると、一気に強くなりますね。

ローソンやファミマがあれば、Amazonの荷物の受け取りも可能ですから、ホントに便利で、特にAmazonプライム会員になっていれば、送料も別途、掛からないのは、大きいですね。

田舎の閉鎖的なタテ社会

色々な人と出会えると言うのは、確かに大きいです。

ただ田舎社会な訳で、都心部に住んでいる感覚で行くと、確実に合わない人が出てくるのも事実かと。

生理的に合わない以上に、仕事面で効率の悪さにイライラするコトも多々あるかと。

ただ田舎社会に慣れた人は、もうそのやり方しか知らないし、出来ない訳で、改善して行こうと言う意思もないケースに対して、ストレスを感じるコトもあるかと。

いや、なんだかなぁ…と言うケースが、結構あるのも「リゾバ」のデメリットでしょうかね。

 

仕事内容もそこまで求められないのも、1カ月もすれば、やっぱり面白さを感じなくなって来てしまいますしね。

ボクの赴任先は、それでもまだ派遣スタッフに任せてくれたりしている職場だとは思いましたが、他の職場だと派遣スタッフと常勤スタッフとの間に、しっかりとした壁があるケースが多そうですし(他の職場のスタッフと一緒に休み時間にスポーツをした時に、寧ろ、派遣と常勤の壁がナイのにびっくりしていたぐらいデスし)。

まぁ、メリットもあればデメリットもある。

デメリットをどれだけポジティブに考えられるか。

そう言う感じなのかも知れないですが、「リゾバ」の派遣先のWebサイトだと、やっぱりメリットしか書いていないですから、もちろん、デメリットもあるよ…と、ちゃんと認識した上で、赴任するのが良いかと思います。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください