草津・共同浴場めぐり「こぶしの湯」

Sponsored Link

「共同浴場」めぐりを始めてみた

草津には、「外湯」と言うか、基本的には地元の方向けの「共同浴場」が点在している。

あくまでも“基本的には地元の方向け”の設備。

だけれども、「共同浴場」の中には観光客にも開放されていたり、マナーさえ守れば観光客が利用出来る施設もあったりする。

源泉が異なっていたり、湯温が異なっていたり…と、それぞれに特色のある草津の「共同浴場」。

観光客向けの設備ではないから、設備面では期待すべき話ではない場所なのだけれど、無料で利用出来るし、幾つもの「共同浴場」が町中に点在しているので、時間に余裕があるのならば、町を歩きながら、ぶらりと湯船に入る湯めぐりをするのも、悪くはない。

と言うコトで、「共同浴場」を巡る旅をしてみました。

町外れにある「こぶしの湯」

草津温泉の「共同浴場」めぐり。

まずは、そんなに広くはない草津の町中から見ると郊外にある「こぶしの湯」。

浅間・白根・志賀さわやか街道に面している「外湯」ですが、町中からだと、少し距離があり、滝尻原墓地の先にあるパチンコ屋さんの奥側に位置しています。

 

15:00~21:00までは地元区民専用の時間になっているので、観光客は入浴出来なくなっているので、それ以外の時間に行く必要があり、町の外れにあるコトを思うと、午前~15:00までの一択になるかと。

ただ時間が限られてしまっても、草津の町の郊外にあるだけあって、そこまで人が来る場所でもないかとは思いますが。

因みに、草津の郊外に位置していますが、特に駐車場がある訳じゃないので、観光客の方は注意でしょうかね(そもそも「共同浴場」めぐりをするのであれば、どこも駐車場がある訳じゃないので、車の利用は避けるべきだと思いますが)。

 

万代鉱源泉の湯はピリリ

早速、中に入ってみます。

右側が男性で、左が女性入口。

脱衣所は、狭からず、広からず。

まぁ、無料の「共同浴場」なので、飾り気がある訳じゃないのですが、地域の方がキレイにされていると言うのが、分かる感じです。

年季はやや隠せないですけれど、それはそれでいい味を出している感じもしますし。

お手洗いが脱衣所の所にあるぐらいで、質素な感じ。

早速、服を脱いで、湯船に入ってみます。

万代鉱源泉を利用した「共同浴場」。

お湯はもちろん、完全かけ流しです。
ちょっと酸性が強いのかな…と言う感じで、良い感じで肌に刺激が来る。

湯船は、大体、3~4人ぐらい入れば、いっぱいと言うぐらいの大きさなので、そんなに広くはないです。

湯温は、個人的に適温でした。

草津のお湯は、とにかく熱い所が多いのですが、ココはちょうど良いぐらいの、ちょい熱。

ただこの辺りは個人的な好みとタイミングがあるかとは思いますけれどもね(ホースがあるので、冷ますコトも可能です)。

ちょっとした中庭が嬉しい

「こぶしの湯」で特筆出来るのは、ガラスが張られていて(と言ってもシャレたモノではないけれど)、ちょっとした中庭が見えると言う所。

特に、眺望が効いている訳じゃない。

でもね、それでも外が見えると言うのは、やっぱり気分が違うんですよね。

冬の始まりの貴重な太陽の光が、浴槽に差し込んでくる。

湯船のお湯が、それにキラキラと輝く。

ただそれだけ。

それだけなんだけれどもね。
それだけなんだけれど、何か嬉しくなる。

そんな「こぶしの湯」。

★★★「共同浴場」利用時の注意★★★

草津温泉には、現在、19カ所の「共同浴場」があります。

過去には観光客も利用が出来ましたが、「大声を出す」「備品を持って帰る」などの入浴マナーの悪さが目立ち、観光協会の公式WEBサイトに記載があるのは、「白旗の湯」「千代の湯」「地蔵の湯」の3ヶ所のみになってしまいました。

「共同浴場」自体、町で管理しているのではなく、地元の方々が管理しているモノなのですが、元々、草津温泉には、「もらい湯」と言う文化があり、マナーを守って「もらい湯」の精神を持って、地元の方々への最大限の配慮を忘れずに利用すれば、入浴自体は可能と言えるかと。

マナーとしては、以下の通りかと。

・浴場内での清掃/整理/整頓を心掛ける
・浴場内での飲酒/飲食などはしない
・自分のゴミは持ち帰る
・大声で話すなどは止める
・タオルは持参し、浴槽にはつけない

など、当たり前のコトに加えて、

・他に入浴客がいたら、挨拶をする
・湯の温度を下げたい時は、他の入浴客の許可を得て、次の方の為に下げ過ぎない/水を出しっぱなしにしない
・浴室から出る際は、脱衣所を濡らさないように体を軽く拭く
・開館時間は守る
・大人数での利用は避ける(湯船が小さい場所が多いので)
・ほとんどの場所で駐車場がないので、車での利用は避ける

などは守って、地元の方に迷惑が掛からないように利用するように、心掛けましょう。

こぶしの湯

住所:群馬県吾妻郡草津町草津464-1340
営業時間:11:30~15:00・21:00~09:00
*09:00~11:30は清掃時間・15:00~21:00は地元の方優先時間
アクセス:
C巡回バスで45番「本多酒店前」下車徒歩数分*1日7便
A巡回バスで7番「つつじ亭前」下車徒歩10分程度*1日13便
「つつじ亭前」近くにセブンイレブンがアリ
巡回バスの運賃は1回に付き100円。
*巡回バスは誰でも利用可能ですが、主に福祉目的での運行なので、混雑時にはゆずりあいを~
湯畑近辺から徒歩だと30分弱だと思われます。

 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。