バンコク・カオサンロードが大規模改修工事へ!何が変わるのか?

Sponsored Link

カオサンロードで大規模な改修工事実施へ!

安宿が密集していて、世界中からバックパッカーが集まるタイのバンコクにある「カオサンロード」で、大規模な改修工事が2019年10月からスタートするコトになった。

工事は2019年10月~2020年2月の間を予定しており、バンコク都庁(以下、BMA)が4,880万バーツ(約1億7,000万円)を費やして行うと言う大規模なモノ。

元々、「カオサンロード」は、世界中のバックパッカーが集まる場所で知られていたエリアですが、近年は、お洒落なレストランやバー・クラブなども建ち並び始め、バンコク在住のタイ人なども時々、訪れる様な場所になっていましたが、そうした華やかさの一方で、未だに独特の混沌とした雰囲気を残していたりするエリア。

ですが、今回の改修工事で、そう言った“独特の混沌”と言った面影も無くなってしまうのかどうかが、気になる所ではあります。

カオサンの改修工事の目的は?

そもそも改修の目的は、「カオサンロード」を“国際的なウオーキングストリート”に格上げするコトと言う話。

そして改修に当たって、より歩きやすいように通りを再調整した上で、店や露店側に一定の販売スペースを割り当てるとのコトです。

詳しく見てみると、まず歩道を御影石のタイルによって整備し、歩道と車道の段差をなくしてフラットな構造へと改修。
さらに道路上でステンレス製のポールと手すりを使って、屋台ゾーンと歩道を明確に分離するとのコト。

バンコクでは屋台の運営が基本的に数年前から禁止になっているのですが、屋台目的の観光客が多いコトから、「カオサンロード」では禁止の導入が遅れていたのですが、今回の改修後は、移動式の屋台と手押し車での営業は不可とする方針だとのコト。

但し、1つ辺り1.5×2メートル程度の小規模な屋台スペースに関しては、1~2年更新で抽選を行い、営業が許可される見通しで、現状で営業をしている露店は240~360店舗だと言われていますが、新制度の下で営業を続けるコトになります。

また自動車に関しては、午前9時~午後9時の間は進入を規制する計画なので、「カオサンロード」の歩行者天国は、これからも維持されそうな雲行きです。

副知事は

「カオサンはよりきれいにより美しくなり、このエリア一体の建物や景観に合致したモノになるだろう」

とコメントしており、BMAとしては、この改修が終了した後は、同様の改修プロジェクトを隣接するランブトリ通りやタニ通り・クライシ通りなどの道路にも拡大する計画を立てているとのコトで、混沌とした雰囲気がどこまで残るかも気になる所ですが、今の「カオサンロード」を体験しようとすれば、とりあえず、早く!と言うコトにはなりそうです。



混沌たる空気が残るカオサンは無くなるのか?

「カオサンロード」。

ボクが初めて訪ねた頃は、まだ日本人はチャイナタウンに陣取る人も多かったですし、「カオサンロード」がようやく一般化し始めた様な時期だったと思う。

今でこそ、市バスに乗って“カオサン”と言えば車掌にも通じますが、当時は通じる訳もなかったですし。

それこそ安宿と旅行会社を目的に旅人が集まっていた訳ですが、ネットの普及とBTSが開通したコト、空港がスワンナプームをメインにしたコトなどから、かつてあった日本人宿(さくらゲストハウスなど)がカオサンからは消え、今や「カオサンロード」に行く意味がどれだけあるんだろう…とも。

アソークとかBTSからの移動が便利なバンコクの中心部に泊まった方が、コストパフォーマンスの良くキレイな安宿が揃っていますし、宿の選択肢も豊富ですからね。

それでもボクがバンコクに来たらやっぱり行きたくなるのは、「カオサンロード」。

それは今でも旅人が中心のエリアであり、混沌とした空気が残ると言うコト。

この2点なんだと思う。

今回の改修は、個人的にはどうなのよ…としか思っていない。

副知事が語る「このエリア一体の建物や景観に合致したモノになるだろう」って、何よ?と思っちゃいますしね。

ってか、寧ろ建物や景観に合致したモノと言うのであれば、それこそ“混沌”とした猥雑さじゃないの?って思いますし、このプロジェクトの目的である“国際的なウオーキングストリート”と言うのも、あまり良く分からない感じがしますし。

変わりゆく速度の速いバンコクの中にあって、カオサンだって安宿一辺倒から、中級の宿が出来、お洒落なお店も出来、ファーストフードが出店し…と、変わって来たのは事実。
もう昔の様な「カオサンロード」は、そこにはナイのも確かなんだけれど、別にそこまでキレイに整備されるコトを旅人が望んでいるかと言えば、答えは「NO」の様にも思うから。

ただ元から住んでいる人や近隣の人からすれば、最近の「カオサンロード」の拡大ぶりは、生活の支障でしかないのかも知れないし、確かに歩きにくく、やかましいのも事実なんだけれどもね。

そして、結局の所、ボクらは旅をする人であって、何かを変える決定権はナイんだけれども。

さらに言えば、“変わらないでいて欲しい”とボクも思う。
でもそれは所詮、旅人のエゴにしか過ぎないと言うコト。

変わらない場所なんて、この地球上にはないのだから。

ただ何がどれだけ変わって、それがどれだけ守られるのか。
BTSの駅からも地下鉄の駅からも遠い「カオサンロード」のこれからの行方を占う試金石の1つなのかも知れないけれど。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。