ユナイテッド航空のバイマイルキャンペーンは、アリか?

Miles・Point
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ユナイテッド航空、バイマイルキャンペーン実施!

アメリカ大手航空会社の1つであるユナイテッド航空のマイレージプログラムである「マイレージプラス」が、最大で85%のボーナスマイルが付与されるマイル購入キャンペーン(以後、バイマイルキャンペーン)を開始しました。

ユナイテッド航空の「バイマイルキャンペーン」って、案外、頻繁に行われている感じがしますね。
キャンペーンによって、付与されるボーナスマイル数が異なる訳ですが、今回は、最大で85%のボーナスマイルが付与されると言うキャンペーン。

85%。

やっぱりなかなかの数字なので、やっぱり気になっちゃいますね。

最大で85%のボーナスマイル付与!

“85%のボーナスマイル付与”と書きましたが、それは最大で得られるボーナスマイル数と言うコトになり、今回のユナイテッド航空の「バイマイルキャンペーン」は、購入マイル数に応じて、付与されるボーナスマイル数が異なると言うのが、一番の注意点になるのかな…と。

ユナイテッド航空 バイマイルキャンペーン詳細

ボーナスマイル数
・3,000~29,000マイルの購入:40%のボーナスマイル付与
・30,000~94,000マイルの購入:85%のボーナスマイル付与
*購入は、1,000マイル単位で可能

キャンペーン期間:2019年8月28日午後1:59まで

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」は、アカウント毎に年間のマイル購入上限が、175,000マイルまでになっています。

この年間の購入マイル数の上限には、こうしたキャンペーンで付与されるボーナスマイルのマイル数も含まれるので、85%の加算されて175,000マイル以内に収まる94,000マイルと言うのが、今回、「バイマイルキャンペーン」で購入出来る最大のマイル数と言うコトになります。



幾らでどれだけのマイルが買えるの?

さて、これがお得かどうか…と言う所。

具体的に幾らでマイルが購入出来るのか…と言うコトに尽きるかとは思いますが、こんな感じです(実際には、1,000マイル単位で購入が可能です)。

マイル数ボーナスマイル数合計マイル数購入金額
2,00002,0007,960円
3,0001,2004,20011,940円
5,0002,0007,00019,900円
8,0003,20011,20031,839円
10,0004,00014,00039,799円
13,0005,20018,20051,739円
15,0006,00021,00059,699円
18,0007,20025,20071,638円
20,0008,00028,00079,598円
23,0009,20032,20091,538円
25,00010,00035,00099,498円
28,00011,20039,200111,427円
30,00025,50055,500119,397円
35,00029,75064,750139,297円
40,00034,00074,000159,196円
50,00042,50092,500198,995円
94,00079,900173,900374,111円

さすがに85%のボーナスマイルが加算される30,000マイル以上になると、単価は安くなりますが、それなりの金額になっちゃいますから、購入しようとすると、まとまった予算が必要にはなりますね。

ってか、MAXの94,000マイルを購入すると、ボーナスマイル79,900マイルが付与。
合計で173,900マイルにもなる訳ですが…

37万円ですか…

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”tabikazu01-i.jpg” name=”たびかず”]あ、キャンペーンやっているから、マイル買っておこう~♪[/speech_bubble]

なんて気楽な感じにはならないデスね、絶対に。

必要なのは、買ったマイルの使い道

こうしたボーナスマイルが加算されるバイマイルのキャンペーンは、そもそも“マイルをお金で買う”と言うシステムがナイ日系の航空会社では見られない訳ですが、気を付けたいのは、やっぱり“単価が安いから買っておこう”と言う感じの買い方なのかなぁ…と。

まぁ、それはバイマイルだけに限った話でもないんだろうけれど。

特にユナイテッド航空のマイルは、有効期限の延長が簡単なので、ダラダラと貯めやすいマイレージプログラムですが、“いつ・どこの路線で使うのか”が大切なのかな…と。

ユナイテッド航空の場合、同じスターアライアンスのANAの国内線であれば、沖縄などの距離の長い路線以外は、片道あたり5,000マイル。

つまりは往復しても10,000マイル。

85%のボーナスマイル加算がある30,000マイル分を購入すると、国内線5.5往復分になる訳です。

東京~九州とかだとお得感が増す訳ですが、東京~大阪だと航空券運賃もそう高くないので、お得感は低くなっちゃう訳です。

なので、バイマイルキャンペーンは、確かにお得。
でも、踊らされず、使い道を考えてから参加する。

それが鉄則なのかな…と。

コメント