アジアNo.1!アンダマン・ハブロック島のRadhanagar Beach

Sponsored Link

アジアNo.1ビーチはインドにある!

“アジアNo.1ビーチ”。

そう言われているのは、トリップアドバイザーが、毎年発表している『世界のビーチランキング』の2017年度版でアジアエリアのNo.1ビーチに輝いたからです(トリップAdviserの詳細ページはコチラ)。

“アジアNo.1”。

東南アジアのタイやインドネシア、マレーシア、フィリピン。
そして沖縄なんかを抑えての堂々の1位奪取。

それがインドにあるビーチだなんて、意外過ぎるにも程があります。

だって、インドですよ。

ビーチとは無縁で、旅人を悩ませる程に混沌とした人と大地の国ですよ。

汚さ全開のインドですよ。

ってか、ビーチがトイレになっている国がインドですよ?

それなのに、“アジアNo.1ビーチ”なんて言うんだから、“おいおい”ってな感じにもなりますが、そのNo.1に輝いたのが、ここハブロック島のラドハンガービーチ。

でも、ぶっちゃけ、こう言うランキングって、そこまで信用していなかったりします。
特に、世界的に広く票を集められているサイトのランキングって。

だって、日本人が求めている感性と、ヨーロピアンの感性は必ずしも同じとは思えない。
ヨーロピアンの中だって、国や文化が違うとビーチに求めるモノと言うのは違う訳だし、さらに言えば、年齢や性別によっても違う。

人がいれば、それだけの感性がある訳で、土地をランキングすると言うのにどれだけの意味があるのだろう…とすら思うから。

でも…

“アジアNo.1ビーチ”。

そのコトバに惹かれてしまう訳で、行ってみました~♪



ラドハンガービーチまでは起伏のある道

島の西側に面しているビーチ。

ニール島とは違って、ハブロック島はそこそこの面積があるので、中心部から(と言っても大したモンじゃないけれど)、10km以上の距離があります。


レンタルバイクを借りていれば、あっと言う間なのですが、こちらは自転車なので、ちょっと距離がある感じです。

でも、行ってみます、自転車で。

最初は平たんな道が続くのですが、徐々に高低差が出てくるのが、どこまで行っても平坦なニール島との大きな違いでした。

途中で、エレファントビーチへの分岐(こちらへは歩きorボートでしか行けない)がありますが、この辺りの登りはそこそこ急。

まぁ、ずっと登りって感じじゃないんですけれども、結構、しんどいです。
ビーチまではバスが走っているので、大人しくバスにしておけば良かったかな?なんて、つい思うぐらいに。

因みに、エレファントビーチですが、かつては海を泳ぐ象さんがいたのですが、現在は一緒に泳げないんだそうで(老衰のため)、代わりに有料で象さんの体を洗えるそうです。

って…
何でお金を払って、わざわざ象の体を洗わねばならないんだ?と言う疑問もありますが、ちょっとしたアクティビティをしたい人向けのビーチに、今はなっているとのコト。

でも、スルーして、一路、ラドハンガービーチを目指します。

[キーン] メンズ スポーツサンダルニューポートエイチツー (2018モデル) RAYA BLACK26

新品価格
¥9,828から
(2019/4/3 22:48時点)

アジアNo.1ビーチの称号は伊達じゃない!

宿から1時間弱。

結構、急な坂があったりして、案外、きつかったのですが、何とかラドハンガービーチに到着です。

ビーチの手前には、食堂とかショップがちょっと並んでいたので、とりあえず、冷たい飲み物を買って飲んでいたら、お店の人が飴をくれたり、バナナをくれたり…と、何故か色々とサービスしてくれました。

因みに、バナナ。

めっちゃ甘くておいしいです。

日本のバナナって何?と言い切りたいぐらいに甘々。

さて、ちょっと小腹を満たして、汗も引いたので、まずはビーチ。

行ってみて、びっくりしました。

白砂で弧を描くような浜辺。
しかも、延々と続く浜辺。

そして、エメラルドグリーンの海の色。

ギラギラの太陽。
日の光が輝く浅瀬。

もう完璧じゃないですかっ!

“アジアNo.1ビーチ”。

全然、伊達じゃなかったです!

浜辺が延々と続いているのと、インド人は浜辺の入口近辺に偏って遊んでいるので、ちょっと奥に進むと、もう人がほとんどいない(もしくはちょっと欧米人がいるぐらい)ので、もうインドって気がしなくなってきます。

どこまで行っても遠浅だし、そもそも海に海藻などの浮遊物もなく、砂浜にもゴミが少ないです。

難点なのは、砂浜部分に日影が皆無と言う所ぐらい。
なので、荷物などは砂浜より奥まった木々の所に置く感じでした。

でも、ホント、難点だったのは、それぐらい。

[キーン] サンダル UNEEK(2019年モデル) メンズ NEUTRAL GRAY/EIFFEL TOWER US 8.5(26.5 cm)

新品価格
¥9,072から
(2019/4/3 22:50時点)

インドにいるコトを忘れさせてくれるビーチ

これだけビーチがキレイなのに、人がこんなにいないんだ?と言いたくなるぐらい。

おかしいだろ。
もっと来いよ、旅人!

そう思えるぐらい。

もうサイコー過ぎるぐらいにサイコーです。

ビーチで横になっていても、見えて来るのは、キレイな海と砂浜。

ただそれだけ。

物売りも邪魔をして来る人も、何もない。

いや、インドじゃないっしょ、ココ。

今回のインド旅。

プリ―にポンディシェリー。
そして、アンダマン。

それぞれに違う味がある場所を旅したけれども、共通して言えるのは、“インドっぽさがゼロ”。

いや、それだけインドが多様性を持っていると言うコト。

日本にいると、どうしてもインドのイメージって固定的になってしまいがちだけれども、色々なインドがある。

そんな当たり前なコトを、改めて実感してしまったビーチ。
でも、キレイすぎて、時間が過ぎるのがもったいない!と思えるぐらいのビーチでした。

なんかね、もう…

天国です。

「インド・アンダマン諸島に行こう」関連はコチラもチェック!






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。