アンダマン・ハブロック島のビーチ:Kalapathar Beach

Sponsored Link

島の南部に位置するKalapathar Beachへ

ハブロック島も、ニール島と同じ感じで、ビーチがいくつかの場所に点在している島。

ただニール島は面積も小さかったのですが、ハブロック島は、そこそこの大きさがある島なのが、大きな違いだったり。
あと、ハブロックは潜りに来る人も多いんですよね。
なので、アンダマン諸島の中でも、最も観光客が多い島と言っても過言じゃないかと。

ひとまず、中心部より6~7kmぐらい南にあるビーチのKalapathar Beachへ。

ニール島と同じ感じで、旅人の移動手段はもっぱらレンタルサイクルか、レンタルバイク。

値段も自転車だと1日100INR(加速ギア付きだと200INR)、バイクだと500INR。その他にデポジットで500INRと言う感じでニール島と同じなのですが、ニール島は全長でも大した大きさではナイのに比べて、ハブロック島は、そこそこの大きさがあるので、バイクが主流かな…と言う感じ。

個人的にはバイクを借りたかったのですが、免許証が必要と言うコトだったので、素直に自転車にしました(多分、国際免許証じゃなくても借りれます)。

ベトナムやタイだと免許証じゃなく、パスポートでもレンタル出来たりするのですが(それが違法かどうかは別として)、アンダマンはダメでした。

ってか、インドなのに、こう言う所は、しっかりしているのね…とも。

と言うコトで、レンタルサイクルを選びましたが、ニール島の自転車は、基本的に、年季の入った自転車しかなかったのに比べて、さすが旅行者の数も増えるハブロック島です。

スポーティーな自転車が主流で、数キロぐらいならば、スイスイです。

強化版 防水ケース スマホ用 【IPX8認定 指紋認証】防水携帯ケース タッチ可 水中撮影 海水浴 水泳など適用

新品価格
¥1,158から
(2019/4/2 23:18時点)

めちゃくちゃキレイなビーチが、そこに

Kalapathar Beachまではホントに道が平ら。

ほとんどアップダウンはなかったです。

なので、ボクが泊まっていた宿からだと5km弱なのですが、思ったよりもスムーズに到着。
道も1本道なので、分かりやすいです。

 

ビーチの入口には、ちょっとした土産物・小腹を満たす様なお店なんかが出ています。

さてビーチ、

海は、確かにキレイです。
キレイと言うか、“美しい色”と言えるぐらいなエメラルドグリーン。

砂浜の色だって、きめ細かい白い砂。

入口近辺は、インド人観光客が大勢いましたが、少し奥に進むと、皆無。

しかも、インド人観光客は、海には入らず、水際で写真を撮るぐらい(まぁ、半端ない枚数の写真を撮りますが)なので、ホントにゆっくり出来そうなビーチ。

モバイルバッテリー 大容量 24800mah 薄型 小型 急速充電 2USB出力ポート 残量表示 Android/iPhone/iPad対応 バッテリー 携帯充電器

新品価格
¥2,999から
(2019/4/2 23:19時点)


が、正午頃に行ったのが良くなかったのか、まだまだ満潮。

ビーチの幅が僅かでした。
砂浜で横になって、日光浴~みたいな遊び方をしたい場合は、午後じゃないと難しいかも…です。

そして大きな倒木だらけ。

ビーチの入口近辺以外は、案外、倒木があちらこちらにある感じでした(流木じゃない感じ)。
逆に言えば、倒木があるから、余計に奥の方には誰も行かないって感じで、奥に行くと、ホントに人が皆無でした。

東側にある海岸なので、午後は木陰も大きく出来るので、そのタイミングが難しい気はします。

ビーチ自体は細長く続いているのですが、倒木が多々あるので、ビーチ感はそんなに無かったかな…と言うのが、正直な所。

でも、この倒木の雰囲気は嫌いじゃないですけれどもね。

寧ろ、そんなビーチはそうありませんしね。

とりあえず、ワンちゃんがいたので、ジャレてみました。

全然、こっちを向いてくれないツンデレワンちゃん。
1時間ぐらい、ずっと一緒にいたのですが、ずっと離れず、ただ隣で座っている感じ。

そんなのんびりとしたビーチ。

ハブロック島と言えば、インドのアンダマン諸島の中では、人気筆頭の島なのですが、こんなのんびりとした感じが残っているとは思わなかったなぁ…

これは明日行く予定のビーチも期待大だな。

「インド・アンダマン諸島に行こう」関連はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。