WOWエアが運航停止!LCCは乗らない方が無難なの?

Airlines
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

アイスランドのWOWエアが運航停止!

アイスランドの格安航空会社(LCC)のWOWエアが、2019年3月28日、突然、廃業を発表し、同日の便が全て運航停止になり、各空港で乗客ら約4,000人が足止めになった。

WOWエアと言えば、アイスランドを代表するLCC。

アイスランド行きの1/3以上の便を運航しているほか、LCCではあるが、アイスランド~北米路線に就航しており、欧州各地~アイスランド経由北米を格安で移動出来る航空会社であり、足止めになった約4,000人の内、約1,300人は乗り継ぎの最中だったと言う。

もう社名通りではないけれど、「WOW!」と言う気持ちになっただろうが、各空港が混乱すると言う結果になった模様。

WOWエアは、ウェブサイトで乗客に対しては、

・他社運航便への予約の促し
・払い戻しに関しては一部が対象になるかも知れない

と言う声明を発表しています。



LCCだから、混乱するのではない

廃業と運航停止があまりにも突然で、多くの人が立ち往生すると言う事態に陥ったとされるし、それをLCCだからと言う論調もあるようだが、

・廃業と運航停止はどこの会社でも突然
・多かれ少なかれ混乱は起きる
・LCCじゃなくても、代替措置は多く図られない

当たり前だけれども、事前に廃業を宣告する様な航空会社はないだろう。
どの会社もギリギリまで延命を図るだろうし、寧ろ、日銭を得るために、破格の安売りを仕掛けるコトだってあるだろう。

その影響はどの航空会社のケースでも突然すぎて、混乱は起きるモノ。

欧州ならば、近隣の航空会社が割安の運賃でケアをしてくれるコトもあるが、そうではないコトも多い訳で、混乱が起きない訳がナイ。

そして、LCCだから破綻が起きるのではなく、レガシーキャリアでも、経営破綻とは紙一重だ。

例えば、マレーシアを代表するマレーシア航空だって、先日、政府が身売り説を報じた訳だし、イタリアのアリタリアなんかは、経営再建策がこの何年も機能していない状態である。

日本にいると、“LCCは自転車操業に近いから破綻しやすい”と言う意見が見受けられるが、そう言う訳でもナイと思う。

LCCの方が体力が小さい航空会社が多いだけのは、確かですが。

大手キャリアでも補償がないケースが多々

そして、LCCが破綻すると何も補填がナイと言うのも間違いだと思う。

例えば、スターアライアンスに加盟していたスパンエアーや、ワンワールドに加盟していたマレーヴ・ハンガリー航空が破綻した時だって、破綻した際は特に何も補償は無く、航空券は紙切れ同然になった。

日本だって、大手航空会社が破綻した所で、補償はほぼナイに等しい。

LCCだから破綻した場合についての補償がナイのではないのだ。

だからこそ、搭乗に当たっては、経営状況についても情報収集が不可欠だと言う話になる。



WOWエア廃業も予兆はあった

例えば、今回、廃業したWOWエア。

2018年11月にアイスランド航空グループが、全株式を取得する契約を締結している(『アイスランド航空、LCCのWOWエアを買収!』)。

買収した後も、それぞれのブランドで運航を継続する計画になっていたが、それが断念になり、その後の他のの投資会社などとの交渉が不調に終わった結果、今回の破綻と言う結末になっている。

つまりは、アイスランド航空グループによる買収決裂が1つのサインになっていた訳だ。

それを踏まえて、航空券を買うか買わないかが選べた訳だ。

航空会社の倒産が激しいヨーロッパ

そもそもヨーロッパは、航空会社の栄枯盛衰が激しい。
この1年でざっくりと見返してみても、幾つもの航空会社が倒産していたりします。

航空会社名拠点倒産年月
Sky Workエアラインズスイス2018年8月
VLMエアラインズベルギー2018年8月
プリメーラエアデンマーク2018年10月
コバルトエアーキプロス2018年10月
スモールプラネットエアラインズリトアニア2018年11月
ゲルマニア航空ドイツ2019年2月

中でもゲルマニア航空は、ドイツから世界の60の都市を結び、年間400万人の利用があったLCCである。

なかなかの規模だった訳だけれども、今回のWOWエアは、それに続いて運航停止と言うコトになります。

特にヨーロッパの航空会社は、薄利多売に陥っている現状がある。
燃油価格次第では、さらに苦境に陥る航空会社が出て来てもおかしくはない。



航空会社の倒産から逃げるには?

どうすればいいのか。

まず1つ目は、経営体力のある航空会社を選ぶと言うコトが挙げられる。

レガシーキャリアならば、

・ブリティッシュエアウェイズ+イベリア航空
・エールフランス+KLMオランダ航空
・ルフトハンザドイツ航空

この3陣営が欧州における3大レガシーキャリアグループ。

LCCで言えば、

・ライアンエアー
・イージージェット
・ウィズエアー
・ブエリング
・ユーロウィング

この辺りが経営規模が大きかったり、大手資本の傘下にあったりするLCCと言うコトになる。

ただ規模が大きければいいのかと言われたら、そう言う訳ではないし、なかなか日本にいると、現地の航空会社の経営状況なんて、把握するのは困難だ。

もう1つは旅行保険を契約しておくことだろう。

中には航空会社の倒産も対象になると言う保険もある(因みに、この旅行保険は航空会社から買った保険でないのが好ましい)。

逆に言うと、1消費者としては、このぐらいしか出来ないのでは?と。

過当競争で、運賃が安くなるのは、有り難いのですが…ね。

それにしても…
これでアイスランドがまた遠くなったなぁ…と。

そもそもボク的には、物価が高くて、なかなか気軽に行けないアイスランドなんですが、航空券まで高止まりする様になったら、さらに行けなくなっちゃうじゃないか…

「最近のLCCの話題」関連はコチラもチェック!






コメント