インド・チェンナイでマクドナルドに行ってみた

Sponsored Link

久しぶりに海外のマクドナルドに行ってみる

まぁ、別にあまり興味がある人は多くないでしょうが、このブログには、“世界のマクドナルドに行ってみた”なるシリーズ企画があったりします。

具体的には、これまで、

香港でマクドナルドに行ってみたーパイナップル海老バーガー実食ー
ブダペストで世界一美しいと言うマクドナルドに行ってみた

とか、まぁ、世界各地でマクドナルドに行くだけのシリーズではありますが。

インドでマクドナルドと言えば…

インド。
マクドナルド。

さすがに世界でも大きな国ですから、店舗が展開されています。

そして、マハラジャマックなるモノがあったりします。

そもそも、マハラジャマック。

ネーミングがまず凄い。

マクドナルドなのに、マハラジャですからね。
日本であれば、将軍バーガーみたいなモノと言えば良いんでしょうかね。
まぁ、タイにはサムライバーガーがありますけれどもね(日本で言うとてりやきマックバーガーです)。

でも、こうしたネーミング、嫌いじゃないですけれどもね。

さて、そんなマクドナルド。
チェンナイを出発すると、食べる機会を失うのが分かっていたので、行ってみようかと。

が…

チェンナイレベルの大都市であっても、あんまり店舗がないんですよね。

インドで売れていないのかな、マクドナルド…
そう思えてしまうぐらいの店舗数でしかない。

が、宿からちょっと距離はあるけれども、遠いと言えるほどの距離もない場所にあるショッピングセンターの中に入っていると言うコトが分かったので、行ってみるコトにしました。

“Chennai Citi Center Mall”。

マクドナルドが入っているモールです。
場所的には、こんな感じの所。

中に入ってみたら、近代的なモール。

だけれども、廃れている感じが否めないモールでした。

だって、そもそも客がいませんもん、余り。
まぁ、平日の夕方前ぐらいと言う時間帯もあるのでしょうが、お店自体もそう多くはなく、大型店舗が1つはいっているぐらいで、お客が1フロアに数えるぐらいしかいない感じ。

そんなモールの最上階に、マクドナルドがありました。

元々は、1つ下の階にフードコートがあって、その中で営業をしていたみたいなのですが、フードコートが改装中で、それと同時に最上階に移転したみたいです。

めちゃんこ小さいマクドナルドでした。

日本のスーパーなんかに入っている様な小型店舗と言う感じ。

だからなのでしょうかね、お目当てだった“マハラジャマック”が、売っていませんでした!

(;・∀・)

ショック…!!

メニューとして置いていなくて、食べられないと思うと、余計に食べたかったなぁ…なんて、つい思っちゃいますね。

インド・マクドナルドのご当地メニューを食べてみる

ただご当地メニューの展開はされていて、“Mc SPICY CHICKEN”やら、“PIRI PIRI CHICKEN McNUGGETS”とかが売られていました。

要するに…

辛いバーガーってコトですね。

辛い or カレー味以外を求めてマクドナルドに来たのに、このご当地メニューの展開。

さすがインドです。
でも、やっぱりご当地メニューは食べたくなるモノで、つい頼んじゃった自分がいましたけれども。

ところで、このマクドナルド。
お店自体はとても狭くて小さいのですが、屋上に共有のテラス席があり、そこにトレーを持って行って食事するコトが可能だったりします。

“屋上のテラス”と言っても、別に長めが良いか?と聞かれると、座ってしまうとそもそも外の風景も見えないのですが、ちょっと外の喧騒を忘れさせてくれるような、そんなテラス席でした(因みに、立ち上がってしっかりと眺めると、チェンナイ市街は一望出来ます)。

さて、肝心のお味。

そこまで辛くなかったかな。
良くも悪くも、“マクドナルド”的な味になっていて。
個人的には、もっと辛くても良かったんじゃないかな?とすら。
旅人のボクがそう思うと言うコトは、現地のインドの方々からすると、もっとそう思っていたりするんじゃないだろうか…と。

まぁ、アリな味なんですけれどもね。
無難すぎて…と言う感じでしょうか。

それがマクドナルドと言われたら、確かにそうなんですけれどもね。

「世界でマクドナルドに行ってみた」関連はコチラもチェック!






 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。