【陸路国境越え情報】バングラ→インド・コルカタへ

Sponsored Link

バングラからインドへ!

いよいよバングラデシュを出発して、インドへ。

ジェッソールから簡単に書くと…

  1. ジェッソール→ベナポール(バス)
  2. ベナポール→国境(オートリキシャ)
  3. 国境越え
  4. 国境→バンガオンジャンクション(オートリキシャ)
  5. バンガオンジャンクション→コルカタ(列車)

こんな流れです。


地図で見ても分かりますが、距離的には近い。
でも、やっぱり陸路での国境越えって、文字にすると、面倒な感じがしてしまいますね、何故か。

まずは国境の町・ベナポールへ

ジェッソールは、バスターミナルの目の前と言う宿に宿泊していましたが、ボーダー(国境)の町であるベナポールへのバスが発着するバスターミナルは、また別個。

ジェッソール自体、そこまで大きな街ではないのですが、どうしてそれなのに、一緒の所から発着しないのやら…と思いつつ、歩くにしては、ちょっと距離があるのも残念な所。
まぁ、オートリキシャに乗っちゃえば、スグなんですけれどもね。

因みに、クルナやジェッソールなどのオートリキシャは、単体でも乗れますが、乗り合いとしても機能しているので、10タカで済んで安上がり。

ベナポール行きのバスは、スグに発車。

ってか、座席もまだ少しだけ空席があると言うぐらいでの出発でした。

ベナポールまで、約2時間。50タカ。
道は思ったよりも悪くなくて、ずっと簡易な舗装道路が続く感じで、ちょっとウトウトしちゃったぐらいの道。

ベナポールの町に到着したら、スグにオートリキシャに乗車。
これは待ち構えていましたが、ボーダーまではギリギリ歩けたかなぁ…と言うような距離。
一直線です。
10タカ。

ボーダーに到着したら、まずは出国税のカウンターへ。
事前に500タカと聞いていたのですが、実際に請求されたのは、545タカ(領収書アリ)。

値上げされたのかどうか、真偽の程は不明です(単にボラれただけなのかも知れないけれども、それにしては変な端数です)。

因みに、このボーダー自体にはATMらしきモノは見当たらず(バングラデシュ側もインド側も)。
ただベナポールの町は、リキシャから銀行が見えたので、そこならばATMぐらいはあるのかも…(未確認です)。

ただ両替商はインド側の国境敷地内にいたので、キャッシュを持っている限り、間違いなく両替は出来ます。

そう言えば…ですが、陸路での国境越えで、出国税のある国って、実はそう多くない気がするのは、気のせいですかね。
もちろん、皆無じゃないですが。

出国なので、バングラ側は、そんなに面倒なコトはなかったです。

無事、バングラデシュ、出国~♪
バイバイ、バングラデシュ!!

バングラデシュを出国して、インドへ。

「何しに、バングラデシュへ?」
と開口一番に聞かれました。
その言葉尻の雰囲気に、ちょっと見下した感じと、“ココロの底では嫌いなんだよね、バングラ”感が漂っていると思えたのは、ボクだけなのかな、インドの入国の際に。

ただ面倒な話があったかと言えば、そうでもなく、既にインドVISAも持っているので、どちらかと言うと、スムーズにインド入国。

インドに入国して、スグに両替所で余ったバングラデシュ・タカをインドルピーに両替して、国境の敷地から出たら、バスの客引きが。
ちょうどコルカタ行きのダイレクトバスが出る所だったみたいで、客引きが激しかったですが、無視していたら、

「Train, Stop! Close!!」

と、いかにも“インドあるある”みたいな掛け声が。
なので、完全に顔も見ず、フル無視・シカトして、サッサとオートリキシャで駅に。

コルカタへ、列車で移動

こちらのオートリキシャも、乗り合い型。
ボーダーから駅までは歩ける距離でもないので、乗るしか選択肢はないのかと。
50ルピー。
もしかしたら、もうちょっと値下げ出来るのかも。

バンガオンジャンクション駅に到着して、コルカタ行きの列車チケット購入。

この駅、そんなに大きな駅でもないので、特に、行き先とかも英語で書かれていない感じなので、乗り間違いには注意したい所。

こちらも運良く、列車は既に入っていて、乗車と同時に出発すると言うタイミングの良さ。
しかも、辛うじて座れたのもラッキーでした。
コルカタまで30ルピーで約2時間。
やっぱり列車は安い。

途中、お昼時だったのですが、それにしては結構、混雑していたので、座れたのは、ホントに有り難かったかな…と。
もし、コルカタで宿泊を決めている場合は、そこまで急ぐ必要もないかと思うので、座れなかったら1本待つぐらいのスタンスでも良いのかと(そこまで頻繁に列車が走っている訳じゃないけれども、本数が凄く少ない訳でもないので)。

ただ座れた所で、別に、クッションも何もない椅子なので、居心地が良いかと聞かれたら、そう言う訳でもないのですけれどね(笑)。

無事、コルカタ到着!

コルカタで到着するのは、コルカタ・シアルダー駅の方。
基本的に、観光客がメインで利用するのは、コルカタ・ハウラー駅だと思うので、違う場所の駅なのは注意点でしょうか。

駅に降りて、1番右側の出口から出ると、スグに目の前が高架式の道路になっているので、それに沿って右側へと進んで行くと、やがて高架式の道路が地平に下って来るので、そこからバス乗車。

系統番号が書いてある他に、英語で行き先が書いてあるバスも多かったので(全部じゃないですが)、とりあえず、ボクは、ハウラー駅行きのバスに乗車しました。
ハウラー駅に行く用事がない人でも、ハウラー駅行きに乗って、よりコルカタの中心に出ると言うのも良いかと思います。

因みに、バスは9インドルピー。
乗った時は、ガラガラだったので、何も考えずに座ったら、そこが女性専用席だったみたいで、一緒のバス停から乗った人が、“そこ、女性席だよ~”と、優しく教えて下さいました。

まぁ、荷物が大きい人や、複数人で移動している人は、駅からプリペイドタクシーや、Uberなんかに乗っちゃうのも悪くないかと思いますけれど。

インド。

久しぶりすぎるぐらいに久しぶり。
だけれども、どうして“インド”と聞くと、身構えちゃう自分がいるんだろうなぁ…

まぁ、注意するのに越したコトは無いんだけれど。

とりあえず、久しぶりに陸路国境越え。
そして、久しぶりにインドにたどり着きました。

「陸路国境越えって、なんかいい響きだよね」的な記事はコチラもチェック!






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。