バングラデシュのダッカで散髪してみた。

Sponsored Link

ダッカで散髪してみる

お正月。

だから…と言う訳で、急にさっぱりしたくなりました。

服?

いや、髪。

と言うコトで、ダッカで散髪に行ってみました。

バングラデシュの街中には、結構な数で散髪屋があります。

イスラム教がメインの宗教の国って、結構、身だしなみに気を使う人が多いイメージなのですが、それを実践するかの如く、お店の数が多い感じ。

ただ…

さすがにそうしたお店での散髪って、ちょっと怖い。

だって、髪の毛って、1回切ってしまえば、当たり前ですが、生えてくるまでにはしばらく時間が掛かるモノだから、失敗したくはないですからねー。

さて…
どうしようかな…なんて思いつつ、お昼ご飯を宿の近くで食べていたら、ちょうどそこの店員さんが、英語を話せる大学生で、どこで髪を切っているかを聞いてみたら、お店を紹介してくれました。

場所はココ。

ジェントル・ケア・サロン。

イケてるのか、おっさんくさいのかは分かりかねるけれど、いざ、お店に行ってみたら、外観からは中の様子が全く伺い知れず…

せめて店内の様子ぐらいが分かれば、入りやすいんだけれどもなぁ…なんて思いつつ、不安よりもさっぱりしたかったと言う気持ちの方が勝ったので、意を決して入ってみるコトに。

今までも結構、海外で散髪したり染色したり…

因みに、海外での散髪。

このブログでも、時々記事にはしていますが、今まで記事にした分だけでも、

・『ドゥシャンベで散髪』(タジキスタン・ドゥシャンベ)
・『アスンシオンで散髪してみた。』(パラグアイ・アスンシオン)

なんかがあるし、髪を染めるのだって、

・『タイで髪、色入れてみた(いや、単なる白髪染め…)』(タイ・バンコク)
・『再びバンコクで髪、色入れてみた』(タイ・バンコク)
・『ボリパーは出来ないから、ラパスで染色してみた』(ボリビア・ラパス)

と、案外、海外で髪を切ったり、染めたり、染め直したりしていたりします。

でも、総じて言えるのは、やっぱり意を決しないと行えないと言うコト。



アラフォーでもダッカでオサレカットに出来るのか?

さて、店内に入って、まずは値段確認。

カットが300タカ(約3.5US$=393円)。
カラーだと、1,000タカとのコト。

ちょっとカラーはオーバープライスだなぁ…と思い、カットだけでお願いしてみるコトにしました。

“アラフォー旅人”と言う自分の年齢も忘れて、今風のオサレカットにしてね…と思いつつ、ツーブロック指定をしてみます。

結構、バングラデシュでも、ツーブロックの若い人を見かけたので。

実は、ツーブロック、今までしたコトがなかったんですよね。
だって、働いていた会社が、今時なのですが、ツーブロック禁止だったので。

なので、どうなるんだろう…と思いつつ、もう座ってしまったら、あとは運を天に任せるしかありません。

グワーッと一気に髪を持ち上げられ、ツーブロックにする範囲を決められました。

内心、“え?そんなに切っちゃうの?”なーんて思いましたが、そもそもツーブロックが初めてなので、勝手が良く分からず、結局は成すがまま。

まぁ、日本でも髪を切って貰っている最中に、

“何かあったら教えてくださーい”

とか言われても、とりあえず、眼鏡を外していると、全く見えていなくて、結局は成すがままだったりするので、それと同じ感じです。



仕上がりは、案外、満足でした

さて、気になる仕上がり。

まずビフォー。

前髪やトップはさほどいじらないでね~とジェスチャーを交えてお願いしたので、そこまで切られていない感じで、パッと見ると変わりがないかも…と言うアフターがこんなの。

サイドからもっとちゃんと撮影しておけば良かった…
サイドはかなり刈り上げに近い感じだったりします。

個人的には、満足。

料金以外にちょっとチップをねだられたので、渡してしまうぐらいに満足。

そう言えば、髪を切っただけで、特にシャンプーだの洗髪だののサービスはなかったです。

バングラデシュでは、それが当たり前なのかな?

長い旅でもっさりした髪を切って、さっぱりしたい人。
特に髪型に、そこまでのこだわりがない人。

バングラデシュで散髪。

アリですね、別に。

「海外で散髪したり、髪を染めたり…」的な記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。