バングラデシュで、鉄道の屋根の上に乗ってみた。

Sponsored Link

とにかく人が物凄い!

スリモンゴルからダッカへ戻ってくるバスは、何ヶ所かで道路工事をしていた影響で、渋滞に巻き込まれ、所要9時間。

すっかりダッカ到着が遅くなってしまいました。

なので、急いで宿へと移動。

今回のダッカの宿は、郊外にある日本人宿。

サエダバッドバスターミナルから中央駅へ。
ダッカ中央駅から空港駅へ。

切符は45タカ。
窓口は、8番窓口で販売(入口から見ると、1番手前のレーン群ではなく、その奥のレーンへと向かい、左手前側2つ目ぐらいの窓口)。
英語表記がないので、ちょっと分かりにくいけれども、窓口の係員さんは、簡単な英語が話せましたし、空港駅はこちらでも“Airport”で通じるのは助かる所。

「何番線から?」
「3番線よ」
「次は、何時発?」
「20時よ~、急いでね~!」

時計を見ると、もう既に19時57分。

マジかっ!

ダッシュです!

言われたままに3番線に向かってみたら、人・人・人。

あ…
コレ…

乗れないヤツや。

東京のラッシュアワーどころの騒ぎじゃない。

とりあえず扉は開けっ放しタイプなので、しがみつくしかない。

こちらは荷物を背負っているけれども、乗らざるを得ません。



え?屋根上に登れ、と?

えいやっ!
と、何とか足を掛けられる車両を見つけ、足を掛けてみたら、中にいる大勢から、「上へ行け~!」とジェスチャーされました。

ふと、屋根の上を見ると、既に2人ぐらいが登っていました。

「Try~!!」

そう中の人に微笑まれたら、登るしかありません。

とは言っても、特に足場がナイ。

どうやって屋根の上に登ればいいんだろう…と思ったら、上に登っていた人が、手を差し伸べてくれて、引き上げてくれました。

が…

バックパックを背負っている人は、大体、ホームの屋根にバックパックがつっかえるので、注意が必要だと。

バウルの歌を探しに バングラデシュの喧噪に紛れ込んだ彷徨の記録 (幻冬舎文庫)

思ったよりも、快適かも(笑)

屋根の上。

確かにダッカに来たらやりたかったコトの1つ。

まぁ、過去にもエクアドルのリオバンバで乗ったコトがあるし(合法)、モーリタニアでは貨物列車の貨車の鉄鉱石の上に揺られたコトもある(合法・『アイアントレインに乗ろう!』参照)。

でも、まさかこんなにスグに体験できるとは思っていなかった。

ってか、辺りは真っ暗ですけれどもね、既に。

でも、次から次へと屋根の上に登って来る人が。
やっぱり列車の屋根の上って言うのは、バングラデシュでは、特別な話ではナイみたいです。

一息つくと、定刻からちょっと遅れて列車が出発。

暗がりの中を、ゆっくりと走り出します。

思ったよりも、揺れない。
ってか、大丈夫。
ちゃんと屋根の上の真ん中に陣取っていれば、問題はない。

少しずつ、スピードを上げる列車。

実はバングラデシュの鉄道は、東側と西側などでは、レールの幅が違うのですが、ダッカなどはどちらも対応していて、レールが通常なら2本だけなのですが、3本あると言う構造。
なので、分岐があったりなんかすると、線路の交差が増えるので、日本よりは確かに揺れます。

でも、振り落とされるほどの揺れでもないです。

交通渋滞が延々と続く道路。
お店。
線路脇に建ち並ぶバラック。

上から見ると、また風景がグッと変わってくるのが、良い感じ。

何か…
楽しい。

このまましばらく乗っていたくなるような、そんな世界観。

人・人・人の車内にいるよりは、むしろ、快適です。

地の果てのありえない物語 地球最後の秘境45のエピソード

新品価格
¥2,808から
(2019/4/8 04:53時点)

空港駅も大混雑!

とは言っても、空港駅は、そこまで遠くはなくて、30分弱ぐらいで到着(ボクが乗った列車は、途中に止まらない駅があるので、最初に停車する駅でした)。

登るのも大変でしたが、降りるのも大変です。
屋根の上に残る人に手伝って貰わないと、ちょっと怖いです。

が、何とかよじ降りました~。

ってか、空港駅もまた、乗る人でかなりの混雑。

窓から車内へ入る人。
屋根の上に登る人。

阿鼻叫喚。

これがバングラ。
それがバングラ。

因みに…ですが、列車の屋根の上には、先頭の機関車の所から登る方が、登りやすいみたいです(但し、列車が短くて最新鋭の列車は気動車なので、そもそも機関車がなかったりはしますが)。
降りる時も、同様で、機関車から降りるのが降りやすそう。

なので、時間がある人は、先頭まで行ってから登る方がベターかな…と。
そして、仮に何かあった際も、保険などは適用されないと思うので、くれぐれも自己判断で!

あと、バングラデシュ人で屋根上に乗っている人は、無賃乗車の方が多いですが、マネすることなく、運賃はしっかりと払いましょう!

ひっそりとやっているYouTubeですが、ダッカで列車の屋根の上に乗ってみた時の風景をUpしました~。

何分、iPhoneで撮っているだけだし、夜中なので、なかなか鮮明じゃない動画になってしまっていますが。

「そうだ、ちょっと海外で鉄道に乗ってみよう」的な記事はコチラもチェック!






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。