中国南方航空、スカイチームを年内に脱退!

Airlines
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

中国南方航空、スカイチーム脱退へ!

中国南方航空が、現在加盟している航空アライアンスのスカイチームを、2018年12月31日を以て、脱退すると言うコトが発表されました。

脱退に向けた諸々の手続きなどは、2019年内に完了するとのコト。

ってか、年内で脱退ですか。
ちょっと急すぎてびっくりです。

まぁ、マイル面ではいきなりすぎて、しばらく提携が残りそうな気はしますけれど。

元々、2017年3月に、ワンワールドの盟主であるアメリカン航空から2億US$の出資受け入れと、コードシェアなどの提携を行うコトを発表しており、北京首都国際空港の発着ターミナルを、中国南方航空と乗継がしやすい様に同じターミナルにアメリカン航空が移動し、北京以遠への路線に乗り継ぎやすい様にするなどの施策が行われてはいましたが、逆に言えば、めぼしい話はそれぐらいだったようにも思うのですが。

[amazonjs asin=”412202692X” locale=”JP” title=”食は広州に在り (中公文庫)”]

中国本土はワンワールドの弱点!

確かに、スカイチームには、中国東方航空(子会社の上海航空も含む)が加盟していて、中国南方航空の子会社の厦門航空も単独メンバーとして加盟している状態で、3社が1つのアライアンスに入っています。

しかも中国東方航空は、スカイチームの中心メンバーであるデルタ航空からの出資も受けている状態。

幾ら中国が広く、人口も多いと言っても、さすがに1つの国に3社と言うのは、多い感じが否めないし、独自性を発揮しにくい感じがしなくもない。

逆に、アメリカン航空が加盟しているワンワールドには、中国本土に加盟メンバーがいない状態なので、アメリカン航空と組んで、さっさと勢力を拡大したいと言う所なのだろう(但し、スカイチームへの加盟は南方航空の方が随分と早かったのだが)。

但し、現状では

「アメリカン航空などの世界の先進航空会社との提携を強め、新たな協力関係を作る」

と言っているだけで、ワンワールドへの加盟を表明した訳ではないのだけれど。

中国南方航空の日本路線は、かなり豊富

ところで、中国南方航空。

個人的には中国系の航空会社は、香港のキャセイ・香港航空・香港エクスプレス以外は避けているので(単にライターを没収されるのがイヤなだけですけれど)、あまり縁がないのだけれど、実はそれでも乗ったコトのある航空会社だったりします。

日本路線を見てみると…

日本発着地中国発着地便数メモ
東京・成田長春週2往復
瀋陽週3往復
大連週11往復週7往復は厦門航空運航便
ハルビン週2往復
鄭州週3往復
武漢週2往復
長沙週2往復
北京1日1往復全便JAL運航便
上海(浦東)1日3往復全便JAL運航便
成都週4往復全便四川航空運航便
東京・羽田広州1日3往復1往復はJAL運航便
北京1日2往復全便JAL運航便
関空広州1日2往復
三亜1日1往復広州経由便
瀋陽週5往復
ハルビン週3往復
大連週6往復2018年12月8日~
武漢週2往復
鄭州週2往復
貴陽週2往復
長沙週2往復
深圳週4往復
上海(浦東)1日1往復
厦門週4往復全便厦門航空運航便
福州週6往復全便厦門航空運航便
成都週3往復全便四川航空運航便
中部広州1日1往復上海経由
上海1日1往復
大連週4往復
瀋陽週2往復
富山大連週3往復
新潟ハルビン週3往復

成田と関空への就航具合、ハンパないですね。

ただ他の航空会社と異なって、日本の地方空港への広がりはあまりない状態。
福岡にも札幌にも現在は、未就航です(過去には就航していたけれど)。

[amazonjs asin=”B01GTEB8RO” locale=”JP” title=”スーツケース (機内持込サイズ(1~3泊/33(拡張時40)L), ブラック)”]

日本人的に中国南方航空スカイチーム脱退の影響は…

こうした路線網を考えると、日本人旅行者への影響は、現時点では、そこまで広がらないかも知れないデスね。

なので、ワンワールドに加盟するかどうか…と言う所が焦点にはなりそうです。

ただ中国南方航空の本拠地は、広州。
香港をベースにするキャセイパシフィック航空とあまりにも近くなってしまうので、キャセイは嫌がる気はしますが。

それでなくとも、キャセイはスターアライアンスに加盟している中国国際航空の資本が入っていて、ワンワールドの中核企業ではありますが、脱退の噂が付きまとっていたりしますから、どうなるコトやら。

ってか、キャセイの代わりに中国南方航空…となると、個人的にはショックなんですけれどね。

ただ中国南方航空としては、やっぱりアメリカン航空との提携だけでは厳しくはなるでしょうから、どうなるコトか。

そして気になるのは、仮にワンワールド入りした時のJALの動き方と言う部分も。
現状でも中国南方航空とはコードシェアを行うなどの提携はありますが、JALは中国東方航空との包括的な提携に踏み出すコトを既に発表しています。

すると、また南方航空との間には隙間風が吹きそうな気はしますけれど。

デルタ航空のスカイマイルをメインに集めている人からすれば、日系航空会社の加盟がないのに加え、中国南方航空まで脱退すると、ちょっと痛いですけれどもね。

ひとまず航空運賃も安値を出すコトが多く、利用はしやすかっただけに…

それにしても、カタール航空がワンワールドを抜けたがっていると言う報道もありますし、しばらくはワンワールドから目が離せなくはなりそうです。

「最近の海外の航空会社」にまつわる話題はコチラもチェック!






コメント