日本のパスポートが世界最強?それは違うだろーっ!

Sponsored Link

日本のパスポートが世界最強パスポート?

ヘンリー・アンド・パートナーズ」が、2018年10月9日に、ビザ(査証)なしで渡航できる国と地域の多さを国別に比較した結果、日本のパスポート保持者が初の単独首位に立ったコトを発表しました。

この発表によると、日本のパスポート保持者がビザを取得しなくても訪問できる国と地域は190ヶ国。

前回、日本と並んで首位だったシンガポールは189ヶ国で2位に。
ミャンマーのビザなしが2018年10月から始まったから、これが加わった結果なのかな?と言う気がしますね。

だけれど…

これって、ホントだろうか…

個人的な感覚としては、もっと多いんだけれど、ビザが必要な国。
アフリカなんて東以外は、ほとんど必要と言うイメージだし、アジアの国々だって、まだまだビザが必要な国があるでしょーなんて思ったり。

ビザが不要な国の基準が、ナイだろーっ、コレ

と言うコトで、「ヘンリー・アンド・パートナーズ」のWebで日本のパスポートで検索掛けて見ると…

まずビザが不要な国から検索を掛けて行くと、中国、EU、トルコ、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル以外の南米と、続々とビザが不要な国が検索結果で表示されます。

アフリカも東側はほとんどが不要として表示されました。

逆に、日本のパスポートでビザが必要な国を検索してみると、ロシア・アフリカ(中央・西に掛けて)・ブラジルに西アジアがちらりと言った所。

ヘンリー・アンド・パートナーズ』より

やっぱりビザが必要な国が随分と少ない。

 

ん?

いやいや…

 

そんなに少なくないやろーっ!みたいな。

え?インド、ビザ必要でしょ。

結局の所、「ヘンリー・アンド・パートナーズ」の“ビザなし渡航できる国”と言う基準が、とっても曖昧だと言うコトが分かる。

曖昧と言うか、とりあえずボクの感覚とは同じじゃない。

例えば、インド。

日本のパスポート保持者は、決められた空港からの入国時にアライバルもしくはe-Visaでの申請が必要になるのだが、「ヘンリー・アンド・パートナーズ」のサイト的には、ビザ不要になっている。

お隣のバングラデシュなんかも、アライバルでビザが取得出来るのだが、同じく、ビザ不要と言う形での表現になっている。

だから日本からアジアの国を見ると、みんなビザ不要。

日本から西に進めていくと、ブータン以外でビザが必要な国はパキスタン・アフガニスタンまで行かないと必要な国が表示されない。

パキスタンの先からはまたビザが不要な国扱いなので、日本~ヨーロッパを旅しようとしたら、南回りで行く場合、ビザが必要なのは、パキだけと言う表示になってしまう。

おいおい…

そう、つい思ってしまいます。

つまりは、アライバルで取得出来る国については、“ビザ不要扱い”で190ヶ国と言う表示なのだ(e-Visaで取得出来る国に関しては、“ビザが必要な国”としてカウントされています)。

アライバルと言えども、Visaは必要だろ

アライバルがビザ不要扱い。

それって…

正しくなくない?

いや、正しくないでしょ、明らかに。

アライバルで取得すると言うコトは、「ビザは必要だけれども、単に便宜上、入国の際に出しますよ」と言うだけなのだから。

しかも、入国地点が限定される国もあって、上述のインドなんかは、デリー・ムンバイ・チェンナイ・バンガロール・ハイデラバード・コルカタの6ヶ所のみだから、空路じゃなきゃ入れない訳だし。

確かにアライバルでビザを取得すると言う場合は、基本的にはほとんどのケースでビザは取得できる(取れなかった人は、よっぽどなんだと思うぐらい)。

それは確かだろう。

搭乗の時点でビザを持っていなくても、飛行機にも乗れるし。

だけれども、基本的には、“ビザは必要な国”である。
決して、ビザがいらない訳じゃない。

そう思うのだけれど。

「PASSPORT INDEX」だと首位はシンガポール!

その点、「PASSPORT INDEX」のWebはアライバルで取得するような国に関しても、“ビザが必要な国”として表示されるので、感覚としてしっくり来る(このサイトも面白いので、いつかちゃんと紹介します~)。

こちらのWebだと、やっぱりまだ“最強なパスポート”はシンガポールで、ビザが不要な国は127ヶ国。

ドイツもそれに並んでいて、126ヶ国。
日本は…と言うと、ビザが不要な国が122ヶ国。

まぁ、そんなモノだろうなぁ…と思う。

少なくとも、190ヶ国もビザが不要ならば、ホントに世界でビザが必要な国なんて、ほとんどナイと言える。

だって日本が公式に“世界の国の数”としているのは、196ヶ国(日本を含めて)
国連加盟国数は、193ヶ国(日本が承認している国家の中で、バチカン・コソボ・クック諸島・ニウエが国連未加盟+日本が未承認の北朝鮮は国連加盟国)。

190ヶ国って、よっぽどですからね。

捉え方の問題と言えるのかも知れない。
確かにアライバルのビザなんて、必要なの?と個人的にも思うから。

だけれども、やっぱり“アライバルでビザ取得”=“ビザが不要”な訳じゃない。

センセーショナルな数字は確かに必要だと思うけれど、どうなの?と思うし、それに踊らされるのも、どうなの?と。

でも、例え首位じゃなくても、日本のパスポートが強いと言うのは、事実ですけれどもね。

「世界のVISA情報」的な記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください