キャセイドラゴン、徳島へ就航!ー徳島空港初の国際線定期便就航!-

Sponsored Link

徳島空港、初の国際線定期便就航!

キャセイパシフィック航空傘下で近距離路線を中心に運航をしているキャセイドラゴン航空(旧:香港ドラゴン航空)が、徳島空港へ冬季期間のみの季節便で乗り入れるコトが発表になりました。

徳島空港と言えば、2018年1月に旅客ターミナルビルが増築されて、国際線ターミナル機能の供用が始まったばかりで、現時点で、国際線の定期便がナイので、初の国際線定期便と言うコトになります!

四国って、観光名所が何気にあるのですが、その中でも徳島は鳴門があったり、阿波踊りがあったり、大歩危・小歩危、かずら橋…とキラーコンテンツが結構ある都道府県なんですよね…

運航期間は、2018年12月19日~2019年3月30日までで、水曜と土曜日の週2便での運航。

エアバスA320型機でビジネスクラス8席とエコノミークラス156席の合計164席タイプでの就航とのコト。

スケジュールは以下の通り。

KA323 徳島 16:30→香港 20:10 運航日:水曜
KA323 徳島 17:00→香港 21:00 運航日:土曜
KA322 香港 09:30→徳島 14:00 運航日:水・土曜

キャセイグループ、日本7都市目の就航!

キャセイパシフィック航空グループとしての日本路線は、現在、以下の路線を運航中。

キャセイパシフィック航空 成田 一部台北経由便
羽田 ドラゴン航空運航便もあり
関空 一部台北経由便
中部 一部台北経由便
新千歳
キャセイドラゴン航空 羽田 キャセイ運航便もあり
福岡
那覇

グループとしては6都市7空港に就航していて、それに続く徳島就航。

他の四国各県への路線も持っていないのに、徳島就航と言うのは、ちょっと意外性が高い気がしなくもないですね。

どうせ就航するならば、以前、飛ばしていた仙台線かなぁ…なんて思っていたので。
しかも、夏ダイヤではなく、繁忙シーズンでもナイ冬ダイヤでの季節便就航。

これまでも香港発着のチャーター便は飛ばして来ましたが、季節便を飛ばして、収支を見たいと言うコトでしょうか。

ただ週2便での就航。
どれだけ利用があるのかは、未知の様にも思えたり。

四国の観光需要をどれだけ掘り起こせるのか。
往路の到着地と復路の出発地が異なるオープンジョーの旅程を利用する乗客をどれだけ拾えるか。

特に徳島から関空まではバスも頻発ですし、距離的にも遠くないですし。

これが一定レベルの成功を収めると、キャセイドラゴン航空の香港~日本地方空港への就航に拍車が掛かる様な気はしますけれど。



キャセイドラゴン航空は、ダバオとメダンにこの冬、就航

ところで、キャセイパシフィック航空は、決算が赤字なのに、シアトル就航だとか、各種新規の就航情報だったりアジアマイルの改定情報なんかを時々ですが、このブログでも書いていたりしますが、キャセイドラゴン航空の情報って、なかなか触れる機会がなかったりします。

まぁ、タイミングにもよるのですが。

親会社のキャセイは路線拡大を続けていますが、キャセイドラゴン航空も、

ダバオ(フィリピン)…2018年10月28日~週4便
メダン(インドネシア)…2018年10月29日~週3便

で新規の就航をします。

羽田への就航を再開したのも、2018年3月なので、徳島線と併せると、そこそこの拡大基調の1年と言うコトになりそうですね。

「キャセイパシフィック航空」にまつわる記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。