春秋航空日本の決算がまたまたスゴイ(2018年6月発表版)

Sponsored Link

春秋航空日本のこれまでの決算を見てみる

何故か成田をベースにしている「春秋航空日本」の決算の話を、この数年、記事にしているのですが、2017年度の決算も発表になりました。

またまた今回も、散々な形での発表になっています。

因みに、この数年の決算具合の記事は、こんな感じ。

春秋航空日本の決算がスゴイ(2017年4月発表版)
春秋航空日本の決算がスゴイ(2015年4月発表版)

2015年度分の記事が実はないのですが、この過去3期をまとめると、こんな感じでした。

2014年度 2015年度 2016年度
売上高 8億3,600万円 25億2,100万円 51億6,200万円
営業損失 48億8,900万円 48億3,900万円 38億1,700万円
純損失 49億円 49億円 37億9,100万円

ここまで、ずっと赤字でしたが、2016年度は、赤字幅が縮小し、やや光が見えたのかな…と言う決算になっていました。

2017年度の春秋航空日本の決算は、6期連続の赤字!

さて、今回の第6期決算公告(2017年度)を見てみます。

第6期は、2017年1月1日~12月31日まで。

売上高は、91億4,100万円。
営業損益は、42億3,900万円の赤字。
経常損益が、42億2,900万円の赤字。
純損益は、42億4,800万円の赤字で着地しています。

運航を開始した2014年からを一覧にしてみると…

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
資本金 69億円 106億5,500万円 114億円 114億円
売上高 8億3,600万円 25億2,100万円 51億6,200万円 91億4,100万円
営業損失 48億8,900万円 48億3,900万円 38億1,700万円 42億3,900万円
純損失 49億円 49億円 37億9,100万円 42億4,800万円

これで6期連続の赤字決算となってしまいました。

春秋航空日本のこれまでの動きを振り返る

就航以来の春秋航空日本の動きを見てみると、まず国内線は、成田をベースに、2014年に広島・佐賀・高松と就航した後、2015年に高松線が運休しますが、2016年に関空と新千歳線を就航させていました。

が、2018年の1月からは欠航が相次ぎ、「既存運航便の安定したオペレーションを確保する観点」と題して、新千歳線の運航見合わせなどを発表。

現状、国内線は成田~佐賀・広島線を1日1往復ずつと言う状況に。

国際線は、2016年に成田~武漢・重慶に、2017年に成田~天津・ハルビンへと就航しており、こちらは現在も順調に運航していますが、それでも、武漢線(週3往復)、重慶線(週4往復)、天津線(週3往復)、ハルビン線(週4往復)のみ。

なので、国内線と併せても1日3往復しか運航がナイと言う状態に(因みに、機材自体は5機までが成田に到着済みで、内4機が稼働しているとされています)。

2017年度決算は、国内線の大幅減便前までが決算対象期間だったと、1月に天津・ハルビン就航があったと言うのもあるので、売上高ベースだけで見れば、前期よりも約8割増しと、大幅に伸びてはいるのですがね。



これから、どうなる、春秋航空日本

2018年度決算は、国内線が大幅に減便されたのが反映されるでしょうから、かなり売り上げも落ちるコトが予想され、厳しい状態が続くコトになります。

まぁ、母体となっている会社が、中国LCC最大手の「春秋航空」なので、いきなり運航資金が不足するなどの話はナイでしょうが、さすがにこれだけ大きな赤字が続くと、厳しいよねって気にはなります。

JALに機材の整備を委託して、安全運航体制を整えている最中ではありますが、よくこれだけの赤字を続けながらも、潰れないな…と、素人目的には思ってしまいます。

また今年に入ってから、国内線で減便があった以降、明るい話題が全く聞こえてこないのも、懸念する部分でしょうか。

唯一の明るい話題が、上述のJALに機材整備を委託すると言う話でしたが、損益を改善するには、もう少し、規模がないと厳しい所なんだろうな…と。

せめて、既存の機材がフル稼働出来る様になればいいのですけれどもね。

まぁ、こればかりは「安全第一」でしょうし、人がちゃんと取れて、育つのを待つしかないのかな…と言う感じ。

ただ個人的には、路線が少なくなっても、セール運賃もしっかり出してきますし、ピーチとバニラエアが合併すると、LCCもフルサービスキャリア大手の子会社による寡占化がますます進むコトになるので、もう少し踏ん張って欲しい所ではありますけれどね。

「ある意味、スゴイ、春秋航空日本」的な話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。