JAL株主総会が1,200人強の出席の中で開催、新LCCや震災欠航便の質疑が!

Sponsored Link

JAL、増収減益で着地

JALの第69期定期株主総会が開催され、先日発表された2020年就航予定の新LCCなどについての質疑応答などが行われましたので、順に見てみたいと。

第1号議案:「剰余金の処分の件」
配当性向は、親会社株主に帰属する当期純利益から法人税等調整額の影響を除いた30%が目安になっているとし、1株当たりの年間配当金は、期末配当が57円50銭で、中間配当52円50銭と合わせて110円(配当総額201億9,547万4,473円)。

第2号議案:「取締役10名選任の件」
人数は昨年度と同様で、取締役7名に社外取締役が3名の計10名が選任されており、赤坂祐二新社長も選任されています。

第3号議案:「監査役1名選任の件」
熊坂氏の退任に伴い、久保氏が選任されています。

第69期営業収益
営業収益は、1兆3,822億円で前期比7.3%の増。
営業費用は、1兆2,086億円で前期比8.1%の増。
営業利益は、1,745億円で前期比2.5%の増。
経常利益は、1,631億円で前期比1.1%の減。
親会社株主に帰属する当期純利益は、1,354億円で、前期比17.5%の減で着地しています。

中長距離新LCCは、JALに必要なモノ

続いて、質疑応答が株主との間で行われており、興味深い部分からピックアップしてみたいと。

国際線中長距離LCCへの参入については、成田空港の機能性拡大を踏まえ、「中長距離LCCに関してプレイヤーがいないのであれば、我々のフルサービスキャリアとの両輪で、次の成長に繋がるのではないか」と。

また植木会長は、「787は、ボストン・ロンドンまで就航出来、学生のような若い方に行って貰いたい。20~30万円掛かるのが半額で行けるようになる。中長距離LCCはJALに必要なモノであり、日本の将来の発展にも必要なモノ」と補足でコメントを残しています。

就航予定の2020年まではまだ年月が少しあるので、さすがに色々な明言は避けたと言う状態ですね。

また地方からの路線網拡充については、破綻前までのシェアを重視して収益を損なうと言う形に戻る気はないモノの、需要の動向へ常に目を光らせ、トライして行きたいとの考えを示しています。

個人的に思うのは、結局の所、一番取りこぼしているのは、関空発着の外国人観光客の部分なんだと思うんですよね。
セントレア・新千歳・福岡・那覇も、同じ様な話を言えるのかも知れないけれど、安易にコードシェア便に頼り過ぎていて、自社便でのネットワークに貧弱さは否めない感じで、2020年になって、首都圏発着の増便が落ち着いたら、この辺りの路線網強化を目指して欲しい所です。



震災の欠航便の多さに対しては、株主から質疑が。

昨日の大阪北部を震源にする震災により欠航便がJALで60便出たのに対し、ANAは14便の欠航に留まり、両者の欠航便数に差があるとして、「機材繰り」と言うコトバを使わずに回答を求められた質疑に対しては、当日の伊丹空港は地上交通機関が寸断された中で、「たくさん飛ばすと、より混乱してしまう。JRの復旧状況など、あらゆる要素を勘案しながら決定した」と述べており、「ギリギリまで判断を引っ張って“飛べませんでした”と言うのは、お客様にとって望ましいモノではナイ」として、理解を求める流れに。

いや、機材繰りだろ、やっぱりと思ってしまったり(笑)。
震災と言う自然災害の中で、鉄道各社だって、運転再開の時間にばらつきはある訳で、別に悪い話ではナイと思う。

利用される予定だった人には、確かに酷な話なのかも知れないけれど、やっぱり安全が担保されていない限りは…ね。

またエンジントラブルについては、いずれの事例も運輸安全委員会で調査中で、最終的な結論が出ていない為、明言は避けているが、定例的な内視鏡検査間隔を従来の半分にするなどの検査体制強化を説明。

最後に、JALグローバルクラブの会員数が増えていて、このままではサービスが立ち行かなくなるのでは?と言う質疑に対しては、確かに会員数は増えているが、路線ネットワークの規模も拡大している為、会員数の増加はJALにとって利益になるとの話で、ひとまず、サービスの改悪がすぐに行われる風潮はなさそうです。

今年の参加者は1,255名。
昨年より598名も増加したのは、新LCCの話があったからなのか、それとも会場が舞浜から品川になったからなのか、どちらなんでしょうね(笑)。

「やっぱりJALが好き?」的な話題はコチラもチェック!

*おそらく次の更新から、再び、韓国旅行記スタートです。
こちらも宜しくお願いします~♪






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。