やっぱり中華は偉大だ!

Sponsored Link

やっぱり中華は美味しい

香港に来て思うコト。

それは、やっぱり中華は美味い。

ホント、何を食べても美味しくて、なかなか外れに出会わない。
“日本人の口に合う”と言うのも大きいのかも知れないけれども、ホントに美味い。

欧米人だと、毎回、同じ味の様に思えるのかも知れないし、そもそも米食か麺が続くと、ちょっとげんなりするのかも知れない。

確かに、お米に関しては、日本米が良いなぁ…と思わなくもない。
香港の一般的なお店で使われている様なお米は、モチモチとしたお米ではなくて、サラサラとした水気が皆無のお米ばかりで、旨味がナイ。

でも、大体の食事は、タレ付きだったり、お米の上に具材が乗っていたりするので、それでも全然、美味しく食べられるのだけれども。

麺も日本の様なコシのある麺じゃないから、食べ応えがナイのは事実。

だけれども、やっぱりスラスラと胃の中に入って行くし、ワンタンとか具材が大きくてジューシーなので、ちょっと付け合わせを頼むと、小食のボク的には充分だったりする。

食が合う国だと、相性が良い

食事が困る様な国と言うのも、やっぱりある。

けれども、食事に困らない国は、大体、相性が良い。

ボリビアに長く滞在出来たのも、ボリビア飯はそんなに美味しいと思わないけれど、選択肢が安値で食べられる(南米の中では)と言う点に尽きると思う。

大体、好みの食堂だとかが見つかると、もうそれだけでその街が好きになるし、そこで食事を食べたいが為に、延泊を何度となくした街だってある。

そこまでグルメな旅をしている訳じゃない。

だけれども、そんな旅であったとしても、食事と言うのは、大事なのだ。
やっぱり毎日のコトだし、1日3回やってくる時間だからね。

当たり前と言えば、当たり前。

食事と居心地のいい宿。
それが揃えば、もう大体のコトは許容されてしまうぐらい(あとは適度に居心地のいいWi-Fiが繋がるカフェでもあれば、言うコトないぐらい)。

実は、回鍋肉好きです。

偉大な中華。

その中でも、実は、回鍋肉に目がない。

いや、誰もボクの好みなんて、興味はないかと思いますけれどもね。

好きなモノは好きなんで、あえて書いておきます。

あの味の濃さが良いんでしょうかね。

肉。
そして野菜。
そのバランスがちょうどいい感じで。

ボリビアのラパスでも、回鍋肉、注文したぐらいに好きです(しかも美味で、メニューにすら載っていない特注オーダー)。

でも、なかなか海外の中華料理屋に行っても、メニューには載っていなかったりする。
食材的には、何となく、手に入りそうな気がするのに、何故か、メニューには載ってない感じで。

んで、香港でも探してしまいました。

さすがに香港。
案外、簡単に見つかり、即座に注文。

いや…

フツーに想定内の回鍋肉。

美味です。

ボリビアで食べた回鍋肉はちょっと四川系なのか、山椒みたいな感じの調味料が掛かっていて、スーッとした辛さがあったけれども、今回のは、マイルドな辛さ。

バクつきました。

いや…

ホント、中華万歳!

「世界で中華万歳!」的な話はコチラもチェック!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。