2018年度版「世界で安全な航空会社TOP20」と「危険な航空会社7社」

Sponsored Link

世界で「安全な航空会社」トップ20

航空会社を各種ランキング付けしている「Airline Rating.com」が2018年度版の「世界の安全な航空会社」のトップ20を発表しています。

The World’s Top 20 Safest Airlines For 2018 – Airline Ratings

AirlineRatings.com the world’s only safety and product rating website has announced its Top 20 safest airlines for 2018 from the 409 it monitors.

こう言うランキングは、幾つかのサービスで行われていて、それぞれにランキングが異なるのですが(不思議なコトなんですが)、アルファベット順での発表なので、「一番安全な航空会社」と言うのは、分からなくなっていて、次の通りで発表されました。

  • ニュージーランド航空(ニュージーランド:スターアライアンス)
  • アラスカ航空(アメリカ:未加盟)
  • ANA(日本:スターアライアンス)
  • ブリティッシュエアウェイズ(イギリス:ワンワールド)
  • キャセイパシフィック(香港:ワンワールド)
  • エミレーツ(UAE:未加盟)
  • エティハド航空(UAE:未加盟)
  • エバー航空(台湾:スターアライアンス)
  • フィンエアー(フィンランド:ワンワールド)
  • ハワイアン航空(アメリカ:未加盟)
  • JAL(日本:ワンワールド)
  • KLMオランダ航空(オランダ:スカイチーム)
  • ルフトハンザドイツ航空(ドイツ:スターアライアンス)
  • カンタス航空(オーストラリア:ワンワールド)
  • ロイヤルヨルダン航空(ヨルダン:ワンワールド)
  • スカンジナビア航空(スウェーデン・デンマーク・ノルウェー:スターアライアンス)
  • シンガポール航空(シンガポール:スターアライアンス)
  • スイスインターナショナルエアラインズ(スイス:スターアライアンス)
  • ヴァージン・アトランティック航空(イギリス:未加盟)
  • ヴァージン・オーストラリア航空(オーストラリア:未加盟)

国別で見てみると…

  • 日本…2社
  • アメリカ…2社
  • UAE…2社
  • オーストラリア…2社
  • イギリス…2社

になっていて、トップ20なので、この5カ国で上位の半分を占めるコトになりますね。
まぁ、フラッグキャリアの他に、有力な航空会社がある国って、そんなに多くないと言うのもあるのでしょうが。

日本のANAとJALは揃ってランクイン。
どうしても日本にいると、取り上げられるのは、「事故」のニュースばかりなので、安全性が落ちている様な錯覚に陥りますけれどもね。

逆に、アメリカはアラスカ航空とハワイアン航空の2社がランクインで、3大キャリアは入ってこず。
ルフトハンザドイツ航空と子会社のスイスインターナショナルや、ヴァージン2社は揃ってランクインしているのは、見事と言う感じですね。

加盟アライアンス別に見てみると…

  • スターアライアンス…7社
  • ワンワールド・未加盟…6社
  • スカイチーム…1社

の順に。
加盟航空会社数が違うので、ワンワールドは検討していると言う形になるのかな。
逆に、スカイチームは、「デルタ航空」も「大韓航空」も「エールフランス」もランクインせず…と言う形に。

安全なLCCのベスト10は、コチラ!

LCCについてもベスト10が発表になっており、こちらは…

  • エアリンガス(アイルランド)
  • フライビー(イギリス)
  • フロンティア航空(アメリカ)
  • 香港エクスプレス(香港)
  • ジェットブルー(アメリカ)
  • ジェットスター・オーストラリア(オーストラリア)
  • トーマスクック・エアラインズ(イギリス)
  • ヴァージン・アメリカ(アメリカ)
  • ブエリング(スペイン)
  • ウェストジェット(カナダ)

と言う形に。
成長著しいアジア系のLCCは、香港エクスプレスのみで、日本のLCCからのランクインはナシと言う結果になっていました。

ここでも、ヴァージンが入っていて、これで3社がランクインした結果になるのは、お見事と言う感じがします。

「危険な航空会社」でランクインした7社

逆に、「最低ランクの航空会社」と言うのも、併せて発表されていて、つまりは「危険な航空会社」と言うコトになるのですが、こちらは7社の名前が挙がっています。

  • 高麗航空(北朝鮮)
  • ブルーウィング・エアラインズ(スリナム)
  • ブッダ・エア(ネパール)
  • ネパール航空(ネパール)
  • タラ・エア(ネパール)
  • トリガナ・エア・サービス(インドネシア)
  • イエティ・エアラインズ(ネパール)

と言う形に。
ネパールの航空会社が4社と、ダントツの多さですが、これは整備的な話の他に、山岳が多い同国では、視界不良になる場合も多い上に、滑走路の長さが短く(480メートルのテンジン・ヒラリー空港が代表的ですね)、事故が起きやすいと言うのもあるのかと。

個人的に「世界一安全」だと思える航空会社は、この会社⁉

このAirline Rating.comの評価は、7つ星評価で世界の409社を判定している訳ですが、航空事故や保有機の機齢などに加え、航空関連機関などの監査なども考慮されているモノ。

でも…

幾ら「安全」と言っても、割合にしか過ぎないのも事実。

長い間、「無事故」だからと言って、「永遠に無事故」と言うのは、イコールじゃない訳で。

また、トップ20近辺に入ってくる航空会社は、僅差だと思うので、このランキングに入っていないからと言って、「安全じゃない」と言う訳でもないので、あくまでも、「目安」として見ておくのが良いんでしょうね。

因みに、個人的に「世界で一番安全な航空会社」は、イスラエルのエル・アル航空だと思っています。

何と言っても、

  • 地対空ミサイルを避ける「フライトガード」が全機に標準装備
  • 貨物室は耐爆構造
  • 機材は特別に強化された床・壁を使用
  • コックピットへのドアは2重構造
  • 機内預けの全ての荷物は、減圧室を通る
  • 超厳重なセキュリティ検査
  • 最大6人の銃を持ったスカイマーシャルが一般乗客に紛れて搭乗

 

ある意味、ホントに安全ですわ、コレ(笑)。

ってか、逆に「そんなに狙われるんかいっ!!」と言う感じにもなりますけれどね。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。