ちょっと婚活しにキエフまで…(大嘘)

Sponsored Link

ティモシェンコ首相は可愛すぎる。

ブダペストからウクライナの首都・キエフへ。

案外、近くて、飛行機だとホントにあっと言う間と言う距離で到着出来てしまう位置関係。
改めて、ウクライナって旧ソ連系の国ではあるけれども、ヨーロッパにめっちゃ近いんやな…と。
そして、ハンガリーもまた旧ソ連系の国々に近いんやなぁ…と。

日本にいると、その辺りの距離感って、ビミョーに疎くなってしまうけれども。

さて、キエフに行こうと思ったのは…

“ウクライナの女性が美女だから!!”(と聞くから)

んで、あわよくば…

 

“ウクライナで婚活!!”

 

って言うのはホントにあわよくば…って感じで、単に行ってみたかったから。

でも、ホントにユーリア・ティモシェンコが首相になった時には、

 

“何なんだよ、この美しい大統領はっ!!”

 

と思いましたけれどもね。

ってか、未だに女性政治家の中ではピカイチだと思っています、“顔のキレイさ”では。

画像元:https://www.jiji.com/jc/d4?p=wwp012-jlp04728038&d=d4_int

いや…

可愛すぎるやろ、コレ。

もう…

デヘッって感じやわ。

政治家なので、顔で勝負する必要性は皆無ですけれども、そうは言っても、彼女のキレイさと言うか、かわいさは格別すぎて、ボクのココロの中に“ウクライナ”と言う国が強烈に印象付けられましたけれどもね。

そして、職権乱用問題だとか、色々と影がある政治家なのも、また事実。

美しいモノには、棘があると言うコトでしょうか。

でも、ホントに何があるのかも全く分かっていなかったんだけれど、昔からどうも狭間にある様な国を好きになる傾向があって、キリスト教圏とイスラム教圏の狭間であったり、仏教とヒンズー教の狭間だったり。

そう言う意味では、ロシア圏とヨーロッパ圏とアジア圏との狭間にある感じの国って言うのが惹かれた部分だったりも。

まぁ、その為にクリミア半島情勢だとか、あまり良いニュースを最近は聞かないですけれどもね。
でも、物価が情勢の悪化で激安になっている(通貨下落の為)らしいので、今が訪れやすい時期にはなっているらしく、行ける機会を、虎視眈々と狙っておりまして…

季節的に冬に訪れるのは、寒いのが苦手なので、まず無理だろうし、タイミング的にも、ドンピシャだったのも大きかったかも。

ユーロビジョン2016年のチャンピョンはウクライナ出身~♪

ウクライナ国際航空って、どうよ

ブダペストから搭乗したウクライナ国際航空。

値段が案外安い(まぁ、そこまで距離もないですしね)。
この区間、LCCのWizz Airも飛んでいるのですが、Wizzの方は早朝便なのに対して、こちらは昼便。

ちゃんとネットチェックインとか座席指定とかも出来たし(最安運賃だと出来ませんが)。

ただ、キエフには2つ、国際空港があるのですが、LCCだとより市内の中心部に近い方に到着するコトが多いのですがウクライナ国際航空の場合は、遠い方の空港への離発着になってしまうと言う点はデメリットではありますが。

でも、ホントにフツーの航空会社でした。

いや、寧ろ、快適な空の旅。
短い空の旅でしたが、軽食も出ましたし。

んで、ひとまずキエフの空港に到着して思ったのは…

思いの外、フツーかも。

と言う印象でした。

だって、ターミナルもフツーにキレイだし。
もっと共産圏の香りがプンプンしているのかと思っていただけに、ちょっと肩透かし食らった感じ。

でも、逆に、この国なら案外、苦労なく楽しめるのかも…とも。

★追記★空港チェックインで10ユーロの手数料!

ウクライナ国際航空では、事前にオンラインチェックインせず、空港カウンターでチェックインした場合、別途、10ユーロの手数料が必要になりました。

48時間前からオンラインチェックインが出来るので、利用される場合は、必須になりそうです。

Airport check-in & boarding – Ukraine International Airlines (UIA)

Information for passengers of flights to/from Brussels

上のリンクの「Fee for issuing boarding passes at check-in desks」を参照して下さい。







にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください