『僕は沈没ホテルで殺される』

Sponsored Link

『僕は沈没ホテルで殺される』

著:七尾 与史
刊:幻冬舎文庫

カオサンに巣食うバックパッカーが主人公のストーリー

物語的には、タイのバンコクにあるカオサン通りの安宿“ミカドホテル”。
日本社会からドロップアウトした沈没組の日本人が集まる“That’s 安宿!”と言うイメージの最底辺ランクの安宿。

そこで殺人事件が勃発。

宿泊者であり、旅人でもあるメンバーが、犯人探しを始めるが…と言う流れの作品。

そう言えば、海外を舞台にした小説って、なかなか多くはナイ感じがあるのですが、バックパッカーをメインに据えた作品となると、ホントに限られた作品数になってしまう訳で、貴重な1作だとは思う。

ただ描写的には、一世代昔のバックパッカーと言う感じ。

カオサンと言うよりも、ヤワラーとかが全盛だった頃と言う感じだろうか。

今や、こんな沈没組はバンコクだと激減しているし、ほぼ絶滅に近い感じがしなくもナイですけれどもね。

だからこそ、癖の強い旅人を次々に登場させられると言う感じがします。

往時をまだ辛うじて知っている世代的には、すんなりと受け入れられるストーリーと搭乗人物像なんだけれども、最近の学生とかがこの人物描写を読んだら、どう思うんだろうなぁ…とは。

ただ話的には、しっかりと二転三転があるし、クライマックスに向けて盛り上がる話力があるので、別に、旅の背景が分かっていなくても楽しめる作品だとは思うけれども。
ちゃんと序盤に物語の伏線が数点、散りばめられていたりもしますし。

もうちょっと重厚になっても良かったかも…

タイのカオサンを舞台にしているけれども、別にカオサンじゃなくても成り立ってしまうストーリーと言うのが、やや残念な所。
しっかりと物語を描ける話力があるだけに、タイならではのエピソードだけじゃなくて、もうちょっとタイだからこそ成立する様なストーリー展開だったら、嬉しかったのに…

あとはバンコクだけで完結してしまうのも、ちょっともったいないかも知れませんね。
チェンマイやビーチの方にも話の舞台が広がると、重厚なストーリーになった様な気がします。

もしくは、現地の人がもっと出て来るとかね。

そう言うのがナイから、ややライトな感じで読めてしまうのかも。

まぁ、かなりスムーズに読める作品(自分が旅人だからなのかも知れないけれども)で、1日で読み切ってしまったので、ミステリー作品ではあるのですが、ちょっとしたタイミングで読み切れると言うのは、有り難い作品かも。

ってか、バンコクの安宿って、ホントにこう言う影を持った宿が減ったなぁ…と思う。
一昔前は、窓もなく、天井に大きなファンが付いているだけの、まるで独房の様な、そんな宿がずらり…だったのに。
そう言う意味でも、日々、バンコク(カオサンを含め)って、進化し続けている街なんだなぁ…とも。

まぁ、もっとも、世界各地から人が集まると言うのだけは、昔も今も変わりがなくて、寧ろ、その流れがどんどん加速している感があるのが、バンコクのスゴイ所だなぁ…とも思いますけれどもね。

世界各地に安宿が集まる様な場所や通りと言うのはありますが、カオサン程、“面”で広がっていて、未だに膨張をしているエリアなんてナイですからね。

そう言う意味では、みんな、タイ、好きなんだよね。

僕は沈没ホテルで殺される (幻冬舎文庫)

新品価格
¥626から
(2017/8/9 15:25時点)




おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください