『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』

Sponsored Link

今回の南米旅行に日本から持って行った本の内の1冊がこの“USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)”。

持って行ったポイントとしては、

  1. 観光産業にまつわる本であるコト
  2. 文庫版
  3. ビジネスに関する本である

この3点だったと思う。

と言うのも、未だだにUSJに行ったコトもないし(笑)。

いや、行きたいんですよ、めっちゃくちゃ。

でも、関西の友人は大体、1度は行ったコトのある人ばかりだし、そもそもUSJって何があるのか、今一つ分かっていない。

ハリーポッターとかのエリアがあるのは、知ってますよ、勿論。

でも…

そもそも、ハリーポッターを見ていないし、読んでいない!!(笑)

そんな自分でも良ければ、誰かUSJに誘って下さい。
↑これ、重要。

さて、本書。
客足が低迷していたUSJが、どうやって客足を盛り返して行ったかと言う軌跡が内部から描かれている。

博打とも言える程の大きな投資。
ただ、その間にも客足は盛り返していかなければない中で、アイデアを出し続けて行く…

経営がドラマに見えて来るぐらいに、アップテンポな感じだけれども、その中に、ちゃんとイノベーション・フレームワークと言う考え方が根底にあって、そこからどうアイデアを現実化して行くか、最適化して行くかがしっかりと描かれている1冊。

文庫版になるぐらいだからなのか、とにかく分かりやすくて、読みやすく。
旅先で読む本は、堅苦しいのは苦手なんだけれども、読みやすくても、あっと言う間に読了してしまうので、困るのだけれどもなぁ…と思いつつ、読み切ってしまいました。

“旅先で旅の本を読む”と言うのは、良いんだけれども、日本で就職を1度した後に旅に出た人とかには、持って来いかも。

分類的には、きっとビジネス書に入る本ではあるけれども、事例と背景が分かりやすく描かれているので、ビジネス書の割に、身近に感じられるのも、読みやすかった秘訣なんだと思うし、ビジネスと言う部分を抜かしても、単純に物語としても面白く読み切れると思う。

こうした本が文庫で持ち運びやすくなって刊行されると言うのは、ホントに有り難いなぁ…とも思ったけれど。
そして、こう言う考え方と言うのは、別にビジネスに限った話じゃなくて、色々な場面で応用出来るんじゃないかなぁ…とも。

それはもちろん、旅先を含んで…ですが。

 

それにしても、USJの快進撃がスゴイ。

2001年度:1,102万人
2002年度:763万人
2003年度:988万人
2004年度:810万人
2005年度:831万人
2006年度:869万人
2007年度:864万人
2008年度:813万人
2009年度:750万人
2010年度:750万人
2011年度:880万人
2012年度:975万人
2013年度:1,050万人
2014年度:1,270万人
2015年度:1,390万人
2016年度:1,460万人

この右肩上がりが続いていると言うのがスゴイのに、まだまだ新しい企画やパークが計画されている訳で、だからこそ、世界でも有数のテーマパークに成長したのだと言えるのだろう。

そして、その成長力の源泉が、この1冊に詰まっていると言うコトになるんだよね。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください