LOTポーランド航空、成田就航!!ポーランドって?

Sponsored Link

ポーランドのLOTポーランド航空、成田就航!!

去年、新規の就航が決まったニュースを記事には書いていましたが、LOTポーランド航空が、1月13日に初めてのワルシャワ~成田線に就航しました。

ワルシャワ発が日・水・金曜。
成田発が月・木・土曜の週3往復での運航ですが、ワルシャワ発が15時(成田着翌9時20分)。
成田発は11:05発ワルシャワ着16:40着なので、今年は路線再構築で拡大基調にあるLOTポーランド航空ですが、ちょっとポーランド以遠で使うにしては、厳しいのかなぁ…なんて思いますが(元々、週3便運航なので、そう言う需要を拾うつもりもないのかも知れませんが)、そもそもポーランドに直行便で行けるのは、この便のみなので、それだけでアドバンテージが高い路線かも知れませんね。

それにしても…
このLOTポーランド航空のワルシャワ路線ですが、同じスターアライアンスのメンバーであるANAのコードシェアを受けない路線になっています。

強気の設定なのか、それともANA側が席を埋めるのが難しいと判断したのか、どちらなのかは分かりませんけれど。
一応、成田のターミナル自体は、スターアライアンスの他の航空会社と同様に、第1ターミナルの南ウィングを利用し、ビジネスクラス利用者に対するラウンジもANAとUAのが使えるみたいですが。

直行便が今までなかったので、あまり“ポーランド”と言われてもピンとこないかも知れませんが、景気的には長期間、上向いている国だったりしますし、治安も悪くはない状態を維持している国で日系企業もぽちぽちと進出している模様。
それでもさすがに直行便が埋まるほどの業務需要はナイとは思いますが、観光スポットも、実は案外、粒揃いだと思う国の1つ。

ポーランドの観光地

有名なのは、クラコフとか、アウシュビッツくらいなのかも知れませんが、ヴィエイチカ岩塩坑やトルンと言った世界遺産もあり、東ヨーロッパエリアでは、最大数の世界遺産を持っている国だったりします(現時点の合計で13か所)。

日本人にとっては、アウシュビッツが一番知られているとは思いますが、ヨーロッパの中では、クラコフは結構、知られた観光スポットだったりします。

因みに、首都のワルシャワも世界遺産に登録されている街で、第2次世界大戦で徹底的に破壊されたのに、厳密に再建された場所でもあります。

ただ、クラコフですら、日本ではあまり知られていない様な状態なので、この直行便就航を機に、もう少し日本でも人気が高まると、面白そうな場所だとは思います。

因みに、個人的に行ってみたいなぁ…と思うのは、“マウォポルカス南部の木造聖堂群”と言う世界遺産。

マウォポルスカ南部の木造聖堂群(マウォポルスカなんぶのもくぞうせいどうぐん、ポーランド語:Drewniane kościoły południowej Małopolski)は、マウォポルスカ(Małopolskie, 小ポーランド)地方南部にあるポーランドの世界遺産である。ビナロヴァ(英語版)ブリズネ(英語版)デンブノ(英語版)ハチュフ(英語版)リプニツァ・ムロヴァナ(英語版)センコヴァ(英語版)などの各村に残っている木造聖堂が登録対象である。

中世後期に起源を持つこの地方の木造聖堂の様式は、ゴシック様式の装飾や色とりどりの細部で始まったが、木造であることから、石やレンガで出来たゴシック建築とは、構造も全体像も印象も大きく異なっている。より後の時代に建設された木造聖堂には、ロココ様式やバロック様式の装飾的影響を示しているものもある。これらの聖堂の形態は、この地方での東方典礼カトリック教会や正教会の存在に深く影響されている。いくつかの聖堂は上から見たときにギリシャ十字を形作っており、たまねぎドームを備えているが、最も興味深いのは、それらの特色が引き伸ばされた身廊や尖塔とともにローマ・カトリックの様式と組み合わさっていることである。(wikipediaより)

具体的な画像で見ると…

uroburos / Pixabay

uroburos / Pixabay

こんな感じだったり…

uroburos / Pixabay

uroburos / Pixabay

こんな感じだったり。

行った人の話を聞いたコトがないので、実際はどんな状態なのかは分かりませんが、素朴そうなのが、良さげでしょうがない。

人気が高まる前に、旅してみたいなぁ…

あ、因みに、今回就航を果たしたLOTポーランド航空の“LOT”は、ポーランド語で、“航空”の意味があるとのコトです。
ってコトは、LOTポーランド航空と言うと、“航空”がダブルになってしまいますね。
まぁ、アエロフロートとかも、アエロフロートロシア航空と言うと、ダブルになってしまうので、珍しくはないのだけれど。

上記にも触れていますが、スターアライアンス加盟の航空会社なのですが、マイレージ自体は、ルフトハンザドイツ航空のMiles & Moreを使用しています。
そして、週3往復なのに、嬉しいホームページの日本語対応。
さらに使用機材は787の新鋭機材。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。