ANA国内線特典航空券は5,000マイルから

Sponsored Link

昔、旅をしていた時(今も旅自体はしていますけれども)、マイルについて聞かれるコトがあった。
まぁ、みんな陸路での長旅をメインにした人ばかりだったから、期間が長い旅でも、そもそも飛行機に乗ると言うコト自体が少ないのだから、仕方がないのかなぁ…とは思うけれども。
ワンワールドなどの世界一周航空券が知られる様になってからは、さすがにそんなコトも少なくなってきた気がするけれども、まだまだ使い方まで考えながら貯めている人って、少ない気がするのは、気のせいだろうか…と思いつつ、ANAがマイルの利用部分の改正を発表しています。

ANA SKYコインへ1マイルから

2月24日からANAマイルからANA SKYコインへの交換が、1マイルから出来る様になりました。
換算は1マイル=1ANA SKYコインになります。
ANA SKYコインは、ANAのホームページで、航空券や旅行商品の支払いと言ったモノに対して、利用出来る電子クーポンになりますが、混雑して特典航空券が利用しにくい期間であっても、航空券の支払いや、ANA SKY WEB TOURで旅行商品の購入に利用出来るので、決まった時期にしか休みが取れない人にとっては、朗報になるかも知れませんね。

マイルを頑張って貯めている人にとっては、コインに変えると言う選択肢は、なかなか選びにくいかも知れませんけれども、10,000マイル以上ならば、1.2~1.7倍のコインへの交換も可能になりますし、そもそも1マイルでも無駄なく利用したい場合には、使い勝手がかなり向上する形になります。

国内線特典航空券が5,000マイルからに!!

2月24日受付分より、国内線の特典航空券の最低必要マイル数が、5,000マイルに引き下げられています。
ANAの国内線特典航空券は、ハイ/レギュラー/ローの3シーズンに1年が分けられ、それぞれに必要なマイル数が設定されていますが、今まで最低の往復600マイル以内の路線は、ローシーズンでも、7,500マイルが必要でしたが、5,000マイルに引き下げられるコトに!!
5,000マイルまで下がると、結構、気軽に利用出来る気がしますし、そもそもマイルが失効してしまいそうな時にも利用しやすくなる感じがありますね。
600マイルまでのハイシーズンでも、今までは11,250マイルが必要だったのが、7,500マイルにまで下がりましたし(それぞれ片道の場合)。
ってか、いきなり大きく下がった気がしますね。
最長区間でもある東京~石垣や札幌~沖縄のローシーズンでも、今まで12,750マイルが片道で必要でしたが、8,500マイルになりますし。

バニラエア特典も変更に!!
  • 国内線片道利用での必要マイル数が下がります!!
    4月20日受付(4月24日搭乗分)から国内線必要マイル数が約半分にまで下がり、成田発札幌・奄美大島線が5,000マイルに、沖縄線が6,000マイルになります。
  • 国際線必要マイル数も下がります!!
    4月1日受付(4月5日搭乗分)から国際線必要マイル数が下がり、成田発台北・高雄・香港線が、片道10,000マイル・往復20,000マイルでの利用が可能になります。
  • 国際線も片道での利用が可能に!!
    これまで国際線は片道での利用が出来ませんでしたが、4月1日受付(4月5日搭乗分)から片道での特典航空券の利用が可能になります!!
  • 国際線特典は台湾・香港発での予約が可能に!!
    4月1日受付(4月5日搭乗分)から海外発の特典航空券にも対応するコトに!!これで安い片道はLCCを利用すると言った行程が組み易くなります!!
  • インターネットからの予約受付が可能に!!
    4月1日受付(4月5日搭乗分)から、バニラエアの特典利用は、原則、インターネットからの受付のみに変更になります!!

…と、ANAにしては珍しく大盤振る舞いの改訂になりますかね。
UAが3月よりマイレージサービスの改訂をしますが、昨今、どの航空会社も競争が激化しているコトもあって、マイルについての変更がある場合は、改悪になるケースが多く見受けられるのですが、今回は、基本的に、使い勝手が増す改正となりそうな感じです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください