魚、食べたかったなぁ…

Sponsored Link

ホントに3時間のディレイで羽田出発!

3年ぶりの海外が、3時間のディレイで、羽田空港から飛び立てず…
でも、海外の空港にある電光掲示板とかを見ていると、3時間の遅れって、そんなに少なくはなくて、案外、良くある話。

そもそもフライトキャンセルだって、珍しくもないのだから。

3時間で済んでいて、良しとするべきなのだろうけれど、それにしても深夜の羽田空港の面白さのないコトは、特筆出来る気がする。

何と言っても、お店がやっていない。

そもそも24時間開いている空港ではあるけれども、アクセスもなければ、フライトもないのだから、24時間、お店が開いている方がおかしいのだけれども、これが日本の首都の玄関口かと思うと、一抹の寂しさはある。

それにしても…

早くドバイからの飛行機、来ないかな…

午前2時。

まだかな…

午前3時。

まだだな…

午前4時。

アディス、行けるのかな…

午前4時3分。

あ、ドバイからの飛行機が来た!

つい無意味なコトと分かっているのに、時計をちらちらと見てしまう自分の小ささが悲しいモノです。

ある意味、予定通りに4時半きっかり。

ようやく出発~!!!!

普通、離陸する時とかって、もっとワクワク感だとか、ソワソワ感だとかがあっても、おかしくないのに、疲労感しかない。
さすがに、仕事帰りでこの時間は、起きているのだけで精いっぱい。

羽田を後に、高度を上げつつ、右へ、右へと旋回して行くエミレーツの機体。

3年ぶりの海外旅行なのに、

高揚感ゼロ(笑)。

いや、そもそも仕事上がりなので、もう早く寝たい…

機内食、選択出来ず!

こうなると、仕切り直しで楽しみにしたいのが、機内食になる訳だけれども…
シートが後ろの方だったからなのか、来た時にはもう、チョイスがなく、1択。

ま、マジか。

エミレーツなのに!

ってか、何だか呪われている様な気持になって来た。

IMG_1244

いや、不味くはないので、それだけは救いなんですけれどもね。

そもそも機内食に期待した、ワタクシが悪いんです…
機内食って、所詮はエコノミークラスだと、期待するだけお門違いなのは、知っているので。

でも…
魚、食べたかったなぁ…

と、食べられないと思うと、余計にそう思ってしまいます。

何でも、そうでしょうけれどもね。
手に入りそうで手に入らないとなると、逃した魚はでっかい!みたいな、そんな状況になるモノで。
最初から、選択肢がなかったのであれば、話は別なんでしょうが。

そう、魚、食べたかったなぁ…と。

でも、お陰で、乗り継ぎが出来なさそう…と不安でいっぱいだったのをすっかり忘れるコトが出来まして、スヤスヤと眠りに落ちてしまい、気が付けば、パキスタン領空にまで入る頃合まで、爆睡。

相変わらず、単純なオトコです。

カラチ近辺で再度、機内食が運ばれてきましたけれども、この時も、選択肢がなく、1択。

もう、この時点では色々と諦めがついていました。

ボクには相性が悪いな、エミレーツ…と。

そう思わないと、やっていけませんので。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。