僕が旅に出る理由

Sponsored Link

旅は旅でしかない。
“世界一周”とか“1年スパンの旅”とか、経験していない割に、色々な国、色々な場所に行ってきたと思う。
年齢の数だけ、訪れた国の数が増えればいいなぁ…なんて思ってはいるけれども、大体は、1ヶ月1ヶ国のペースだから、そんなにいきなり増えたりはしないけれど。
自分でも、こんなに色々な国や場所に行くだなんて、思ってもいなかったけれども。
小さな頃から旅を繰り返して来たから、こうして海外に出て旅を続けて来たのは、あくまでも自然な成り行きだった。
若い頃は(今でも十分若いと思っているけれど)、“世界に行けば自分が変わるかも知れない”だとか、“自分を探す旅”だとかに憧れたコトもあったけれど、旅に出たくらいで、自分が変わるほど、ヤワな自分でもなく…

やっぱり旅は旅でしかない。

DSCN2507

それなのに、どうして旅を続けているのだろう…と、思うコトがある。

何が、自分を引き寄せるんだろう…と。

自然も遺跡も、出逢える人々も好き。
そして何よりも、旅の日々は確かに楽しい。

ただそれだけだったりする。
ただ楽しいのだ、旅の日々が。

決して、何か大きな出来事や出会いがない1日でも、ただ安宿でダラダラとしていても。
だからこそ、こうして長々、ダラダラと旅に出る日々が続けられる。
だからこそ、“ココではない何処かへ…”と、次の旅を夢見れるんだろうなぁ…と。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。